フォト

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

ツー仲間たちのカスタム

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

V-max カスタム電装系

2017年1月26日 (木)

V-max 長らく放置のジェルバッテリー 電圧見てみよ

ブログもバッテリーも「放置」の管理人・・(゚∀゚)

すみません、いろいろと「身体」に「難題」が押し寄せてまして・・
気分が優れずにいたもんで・・「ネタ」も無いというのもあって(゚∀゚)

ゆっくりと戻ってきた私のV-max!!車検がようやく終わりました(゚∀゚)

と、そのことの前に・・・車検から戻ったらすぐに交換しようと思って用意
していた「ジェルバッテリー」!!

P1280866

放置していましたが、電圧を交換前に確認してみましょ・・・

P1280869

おお~なんと12.9Vもあります。年末から放置していただけのバッテリーです
が、ほとんど下がっていません。「自己放電しない!!」という性能を持つ言わ
れる「ジェルタイプ」ですが、そのようですねー。

ということで、「暖かく」なったら交換します(゚∀゚)






続きを読む "V-max 長らく放置のジェルバッテリー 電圧見てみよ" »

2016年12月25日 (日)

V-max ゲル(ジェル)タイプのバッテリーに交換してみよっ!!

バイクに乗ったり乗らなかったり・・毎週だったり、2ケ月放置したりとさま
ざまな扱いをしてしまいます。
久々にセルを回す瞬間にチョット不安になったりします。

さすがに3年近く使ったバッテリーは信用できなくなります。電圧を測ると
12.8Vだったりして一見しっかりしていそうですが、蓄積されている容量
があるのかをつい疑ってしまいます。サルフェーションといわれる現象。

充電するとしっかり充電されているようでもバッテリーは「生き物」と同じ
ですから、当然劣化しているはずだし、使い方や気温などに左右されます。
狭いケースに押し込まれ、激しい振動の中・・おかしくなりますよねぇ~。

まあ、要するに「不安」なので交換してしまおう!!というわけです(-_-)b
・・・前置き長い(^^;)

ここまでの7年間、ずぅ~っと「CT14B-4」という中華製MFバッテリーを使用
してきた。トラぶったこともないし、突然「死ぬ」こともなかった。7年で3台。
3台合計で費用は、送料込み9,000円程度。まあ、不安になったら新品に
交換!!ということが容易に出来る程度の価格になっている。

600x3972009072500079

小型で扱いやすい。

不満はなかったんだけれど、同じ工場で作っている同形状の
「ゲル(ジェル)タイプ」GET14B-4
が出ているようなので今度はそっちに交換してみようと思う。

P1280727

ゲルタイプなどの「ドライバッテリー」は、横置きができたりする。しないけど・・
性能については「賛否両論」ある。まあ、なんでも「欠点」はある。
ドライ・・といいながら実際には、「液」は入っているらしい・・そりゃそーだな。

普段、「放置」が長い車両には向かないとか、高いとか、充電器を選ぶとか・・・
誤解されそうなところでは「上がりづらい」とか、長持ちするといったような寿命
についだと思う。バッテリーはバッテリーだからみな同じだと思っている。

内部の抵抗が大きいため「瞬間最大電流」が高くなっても耐える・・といったよ
うな利点はよく目にする。また、「自己放電」が少なく、耐久性がある・・というのも。

まあ~要するに、「使ってみらんとわかんねぇ~~」
ということが言える(-_-)b これは確かだ。

ということで、ポチッとな・・・で届いた。5000円かからなかった・・送料込みで

P1280725

P1280729

チェッカーでは、オーケー。電圧は・・・

P1280730

ムムム、決して高い電圧とは言えないなあ~。説明書にあるようにさっそく
初期充電開始!!

P1280733

とりあえず「急速充電」は、避けた方がいいらしい・・まあ最ももともと「急速
充電」そのものがいささか難がありますからねー。乾電池程度ならいいけど。
ここは、やはりの~んびりとトリクル充電でジワーっと充電しましょ。

開始から10時間以上が経過して、ようやく満充電のランプが点灯
ランプが点灯したいうだけで、本当は内部がどうなっているかはまったくわ
からない・・・信用するしかない。

最近取り付けた「カットオフスイッチ」用に端子を加工して交換ということに
なる。

P1280578

ところが・・・・・My V-max は、車検・点検のために「お留守」です(-_-)・・・

このままだと、交換は年明けだなあ~~(-_-)

ジェルバッテリーとカットオフスイッチで来年は万全の体制にするぞぉ!!

続きを読む "V-max ゲル(ジェル)タイプのバッテリーに交換してみよっ!!" »

2016年11月19日 (土)

バッテリーを大切に!! 弱らないようにするために!! カットオフ!! 後日談

いろいろと身の回りであるのだけど・・
ブログは普通に続けていこう思う・・


ということで、先日お届けした「バッテリーを大切に!! 弱らないようにするた
めに!! カットオフ!」の続きとして実際に取り付けてみた・・

P1280581

グリーンのダイヤルのがそうです。隠れててよくわかりませんかね・・

P1280583

きちんと収まりました。ただし、問題が・・

バイク側の端子は、全てM6用と小さいんです。ところが今回のカットオフス
イッチの端子は9mm前後のインチ用ということで結局M6のボルト用穴をタップ
で開けました。それもふたつ。少しばかり手間暇かかりましたねー。

バイク用で「小さく」「M6」のもので安価なものがみつかればそちらがいいかも。

とりあえず今回は、固定もしっかりしているようですので当分このまま使用してみ
ることにします。

続きを読む "バッテリーを大切に!! 弱らないようにするために!! カットオフ!! 後日談" »

2016年11月15日 (火)

バッテリーを大切に!! 弱らないようにするために!! カットオフ!!

開放型のバッテリーが弱くなりやすい時期に入る。乾燥して液が蒸発しやす
いからだ。気温が高すぎるとそれなりに蒸発しやすいということもある。要す
るに季節の変わり目、「夏」の終わりと「冬」の終わり・・・逆に言うと「秋」の
はじめと「春」のはじめに「困った」ことになる。そう、ツーリングの季節に入る
時期にセルが「回らない」というハメに・・・

一方「MF(密閉型・メンテナンスフリー)型」は、その名のとおりなのだが放置
しておくとやはり「放電」をジワーっとしてしまっていて電圧は下がっていく。
もちろんこのことは「開放型」にも言える。

この「勝手に放電」を防ぐ方法としては、「回路」を「断つ!!」ということが有
効だ。要するに「バッテリーの端子」をバイクから切り離すということ。

そこで使用されているのが、「バッテリーカットオフスイッチ」なるもの。
まあ、タダの「端子」なんだけどね。こんなやつ・・・

P1280549

「ツマミ」を1/4回転させると回路が切れる仕組みになっている。単純な構造。
どーなっているのかというと・・・

1_2

Aがバッテリー(マイナス端子)側電極
Bがバイク側電極
Cは、常時C' と接触していて導通がある。

P1280557

Dは、D'と接触するためにツマミを回すことで行う。
AとBは、「絶縁体」によって導通はない。
要するに、DとD'を接触させるかさせないかだけが目的。

よく見ると・・

2

ツマミによって、DとD'をくっつけたり離したりすることで導通を制御する。

ツマミのネジ部とBの端子は、接触していない。空洞になっている。
DとD'が接触することでAからBに電気が流れる!!ということ。

それだけ。

ところが・・このスイッチ・・・やたらデカい!!( ´゚д゚`)アチャー

P1280550

現在使用しているMFバッテリーに乗せてみた・・・
大きすぎる(--)・・・
これは、狭いバッテリーケースの中では致命的な問題だ・・

要するにバッテリー端子とBの端子に導通があればいい訳で・・・
ココだけ使用することにした。ネジ部がバッテリーに接触すればいいわ
けで・・

P1280575

ネジは、インチネジのM8(5/16)なのでバッテリーの端子を合わせる・・
タップで山を作る。グリグリっと。簡単。タップが無いときは、ステンレスなんか
の硬いインチねじで無理やりでも作れる・・はず・・・多分・・

P1280568

絶縁体も半分だけでいい・・

P1280569

こんな感じ・・

P1280571

つまみのねじを切った穴にねじ込む。このことでAの電極は不要だ。

P1280574

バイク側端子のねじがバッテリーに触れないようにブッシュを入れた。
クッションになるといいと思う。

P1280577

P1280578

P1280579

完成!!
これでバイクに乗らない時につまみを緩めて回路を断つことができる。

それにより、バッテリーを温存できる!!はず(--)b・・・予定では・・・やって
みよっ!!

バイク用の小さいタイプも実は販売されているだけど、とても高い。手作りが
好きな人には、今回のが参考になればと思います。

追記 「電気」の流れと「電子」の流れ
今回のカットオフスイッチは、「マイナス側」に取り付けた。一応理由がある。
よく電気は、「プラスからマイナス」に流れる・・と説明する。機能説明のため
にはこれで十分なんだけど、実は、「電子」は、「マイナスからプラス」に流れ
るというのが近代工学の中で分かった。

そのこともあって「マイナス側」を断つ・・というのが有効だと言える。
ただし、プラス側に付けてもさほど効果に変わりは無いと思う。回路を断つと
いう点では同じなのだから・・・と思う。

万一、走行中にスイッチが外れてしまって、配線がバタついてボディに接触
すればショートすることも「無い」とは言えないのでここは「マイナス側」が無難
と言える。

スイッチが有るか無いかの差はとても大きいけど、どっちに取り付けても変わ
らないと思う。数年放置するれば、多少の差はあるのかもしれないけど・・
そこまで放置しないでしょ。

バッテリー
   回路を断って
             大切に

続きを読む "バッテリーを大切に!! 弱らないようにするために!! カットオフ!!" »

2016年10月31日 (月)

半田付けに使うフラックスを効率的に使う方法

電気・電子部品を扱うときに必要なのが「ハンダ(半田・はんだ)」。
半田ごてという熱棒に「はんだ」という一般金属より融解点温度が低い金属
を押し付け、融解させて溶けている間に金属と金属に塗りつけ接合させると
いうもの。
よく使うのは、電子基板にパーツを固定したり、電線と電線、電線とパーツな
どを接合するのに使用する。

とまあ、「ハンダ」のことはいいとして・・この「ハンダ付け」の際に手際よくハン
ダの「付着」を促すのに使用するのが「ヤニ(フラックス)」といわれ
るもの。一般の「ハンダ」の中にはこれが含有されてはいるだけれど場合によ
り多用される。

この「フラックス」を効率よく使用したいと思って「ディスペンサー」といわれる
「筆」のようなものを使用していたのだけど、けっこうボタボタ・ダラダラと流れ
ることがあってなかなかうまく使いこなせないという不器用さが自分にはあった。

ボトルになっていて購入したフラックスを移して使用する。これはこれでいい
んだけど私の場合には、塗りたい部位の面積や長さがとても小さく・狭い。
なので、この手のディスペンサーだともったいない結果になることが多い。
余分に塗り込んでしまって、「ハンダ」を付けると「ジュー」っと音がするほど
でその分局部の温度が一時的に下がってしまい、ハンダが流れ・走り出す
のに微妙に時間がかかる。

次に考えたのが、「ペン」式のディスペンサー。

「フラックス ディスペンサー」の画像検索結果
ところがこの手のディスペンサーは、やたら高価で、結局フラックス代を
「吸い込む」ほどの値段がする。毎日毎日、ハンダ!!というプロの仕事には
いいかもしれないが、パートタイムセミプロにはとてももったいないぐらい高い。

そこでどーーにかならないかと・・探し出したのがコレ!!

「コピックスケッチ」というカラーペンのシリーズ
URL http://copic.jp/product/sketch/

の中の「コピック スケッチ カラーレス」という1本。
カラーが入っていない「空容器」だ。「空(カラ)」だからとても安い。
しかも、筆先のタイプが2種付いていて、細身と太身になっているので使い
分けができる。

「コピックスケッチ カラーレス」の画像検索結果

これにフラックスを移して使用すると、「ほんのちょっぴり塗布」ができるので
フラックスがとても長持ちする。

一般のフラックスディスペンサーよりも安いのでフラックスのタイプ別に数本
持ったり、万一劣化して使用できなくなってもすぐに買い替えすれば済むような
ぐらい安い。

安価な「ペン式フラックスディスペンサー」をお探しの方!!一度お試しあれ!!
アマゾン、楽天、Yahooどこでも販売されてます。

フラックスを移すのには、先がとて細いスポイトが必要。百均に行って探そう!!

「スポイト 針」の画像検索結果

続きを読む "半田付けに使うフラックスを効率的に使う方法" »

2016年10月25日 (火)

ニュートラルにしないとセルが回らない!! を回避する!!

ご無沙汰しておりますm(_ _)m

V-maxに限った話ではないけど、純正のクラッチマスターをNISSIN(ニッシン)製
のマスターに交換するとスイッチ部のコネクター(カプラー)が合わないために
そのままにしておくとわざわざニュートラルにしないとセルが回らないという事
になる。とても面倒だ。

それを回避するためには、コネクターを交換するしか方法がない。
私は、当初から自作していたのだけど・・こんなの・・

Photo

最近になって、ツー仲間から制作依頼がきたので作ってみた。

Dsc_0614s

これがあれば、クラッチ切るだけでセルを回すことができるようになる!

よかっぱよかっぱ(^o^)

2016年9月23日 (金)

V-maxに電圧計 の続き 5年越しの追加記事(^-^)b

5年前に紹介させていただいた「V-maxに電圧計」の記事。

http://sasagurikaido.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/v-max-6d24.html

もう5年かぁ~今も機能している電圧計。タコメーターより見ているかも(^-^)

その後、為替の変動や品不足などでリーズナブルなものを入手できなくていた。
やっとそこそこのものが手に入るようになったのでご紹介。(ヤフオク出品中)

Top1

51btzfivghl_sl1000_

613dqweltml_sl1000_

V-maxのメーターケースにもピッタリ!!

P1280462

測定の精度だが、「それなり」である。「精密機械」の電圧を計測するわけで
はないので十分だろうと思う。
中央の12V付近で4%ほどの誤差があるものがある。10Vや15V付近ではほぼ
誤差はない。十分だと思う。

P1280421

52mmのよくあるタイプで、V-maxのメーターケースにもぴったり入る。
もっとも取付にはボルト用の5mmほどの穴を底に2つ開ける必要があるが簡単
にドリルで開くので問題だろう問題ないだろう(^o^)b(20160928訂正)。

バックライトはLEDのホワイトで夜間でも十分に認識できると思う。

P1280473

筐体は、ステー(マウント用)がついているので自動車のフロント回りにも
取り付けられる。

各部位をノギスで計測したので参考までに。

Top3

これを機会にタコメーターの外付けと電圧計の取付!!挑戦してみてはいかが
でしょうか?

電圧計
    あるとないでは
               大違い

 


2016年7月23日 (土)

バイクの純正ウインカー球・白熱球向けハザードユニット

今回は、逆車についていない「ハザードユニット」について。
どんなバイクにも取り付けられる「ハザードユニット」について です。

---------
バイクの電装系のカスタムについては、部位によって「賛否両論」ある。

LEDはバッテリーに優しい・・・HIDは明るい・・・・ナビなどのデジタル機器
の装着。ETCは、やはり欲しいところ・・・でも、やはり一番は、ウインカー
だったりする。

そのウインカーをLED化する人も多い中、「純正」にこだわりそのまま使用
を続けている人もかなり多い。本人の思い入れを想像するとよく理解できる。

さらにそんな中、「ハザード」機能だけは欲しい・・と思われている方も多い
はず。必要ない!!という方も多いかな(^^)

8

バイクの場合には、車のような車幅はないので「路肩」に止めれば、後続
車にさほどの迷惑を掛けることもないんだけど、やはりどーしても欲しい
と思う「ハザード点滅」の機能。

一般のバイクのウインカー球といえば、S25とG18の白熱球
S25の場合は、幅25mmのガラス管でベースは、BAもしくはBAYの15mm
が標準的。
S18の場合もベースは同じで、18mmのガラス管のものが主流だ。

G18

S25

S25のダブル球の場合には、ポジション30Wで点滅32Wの出力。
G18の場合には、23Wと8Wの出力を出す。

最大の32Wの場合に、2.7Aもの電流が流れる。片側(例えば右のみ)のみで
5.4Aもの出力となる。よって「ハザード点滅」の場合の「4個」全て点滅となる
と10.8A
も流れる。電圧12Vの時。電圧が下がっていると合計11A以上流れ
ることになる。とんでもない大電流だ。

V-maxのウインカー用のヒューズの容量が10Aなので当然「切れる」という
ことになりかねない。

まあ実際は、ロスもあって8A~9A程度の電流が流れることになる。

純正のウインカーリレー(DENSO製)は、20Aの許容を持っているのでリ
レーの耐久性は問題ないだろう。ハザード時を想定した部品になっている。

Photo

よく見ると
「HAZARD WARNING 27W MAX 4BULBS」と記載されている。最大108W
トータルが限界だと言っている。要するにハザードオーケーという意味だ。
108Wということは、最大8.4Aを想定している。(12.8V時)

今まで「LEDウインカー球」用のハザードユニットを作っていたんだけど、
「要望」が多く、「純正・白熱球」用「ハザードユニット」を作って欲しいとのこ
とで過去いくつか作ってきた。

最大の問題は、「大電流」もさることながら「発熱」の問題!!
この「発熱」がいろいろとイタズラするんではないだろうかという不安からかな
り思案してきた。

中に仕込む「電子部品」の耐久性を上げると「電圧降下」の問題や何より筐
体が大きくなってしまうという問題に頭を悩ませてきた。

電子的な「制御」「整流」に頼ると、理論的には、まったく問題ないけども
「発熱」の問題は、避けられないので今回は、「電子的」ではなく「OFF/ON」
要するに「開閉」にこだわってみた

部品としては、やや大きくはなるんだけど、発熱しづらく、安定している。
片側最大10Aを流すことができるようになっている。まっ、無いだろうけど。

P1270134

説明画面

01

スイッチも用意した。実は、スイッチはなんでもいい。ミニスイッチを含め好きな
スイッチを接続できる。「ハザード」のための「電気信号」自体がスイッチを通過
しないので小型のものでよい。

とはいうものの、便利なスイッチをこちらで用意した。

Photo_2

Photo_3

Top1

A ハンドル固定タイプ
B スリムタイプ ハンドル先固定タイプ
C バックミラー同居タイプ
の3種を用意。

接続も簡単で、リレーから1本分岐して、リレー回路の2回路に割り込ませ
ればおしまい。

残念なのは、「ウインカーインジケーターランプ」がハザード点滅にした時に
点滅しないという現象が起こる
。通常のウインク時は問題ない。
これは、逆車に見られる症状で、別途「ツインインジケーターランプ」に換装
しないと解決しない。

今回のユニットは、将来ウインカー球を「LED化」したとしても「正常」に機能
する。

興味のある方は、「ヤフオク」からどうぞ!!(^o^)b

2016年3月10日 (木)

オートライトスイッチを考える・・ ヘッドライトスイッチとの違い

一般的には、バイクのヘッドライトというのは、キーをONにした時からヘッド
ライトもONとなり点灯したままとなる。

バッテリーのことやその他の理由で、「強制的」にOFFにしたい・・と思う。
そして、「ヘッドライトスイッチ」を取り付けようと考える。
要するに「キーON」の時に「強制的」にONになったものを「強制的」にOFF
にするためのスイッチが一般の「ヘッドライトスイッチ」だ。
「ON」が目的ではなく、「OFF」が目的なのだ。

図1がそのヘッドライトスイッチを「Low回路」に仕込んだ場合のイメージ。
一般の「ヘッドライトスイッチ」は、このLow回路のみを制御するだけだ。
ハンドルの「Hi/Low」を「Hi」にすると点灯する。「ヘッドライトスイッチ」がた
とえ「OFF」のままであってもだ。

Photo


「オートライトスイッチ」というものがある。乗用車に多用されている。付近の
「明るさ」に光センサーが反応して、リレーをONにし、ヘッドライトをONにす
自動点灯消灯スイッチだ。

この「オートライトスイッチ」を導入しようと考えた時にふたつの導入方法が
ある。
ひとつは、図2のように「ヘッドライトスイッチ」と直列に並べてどちらも「ON」
でなければヘッドライトが点灯しないようにする。「オートライトスイッチ」に自
由を与えない。

もうひとつは、図3のように「並列」に並べて「どちらかがON」になればヘッド
ライトが点灯する
ようにする・・という方法。こちらの欠点は、周囲が暗い時
にセンサーが働き、ONとなりヘッドライトが点灯した場合に「消灯」したくて
も「消灯」出来ない
というところにある。図2だとそれができる。

どちらにも一長一短あるといえる。

「強制的」に「ON」にしたいのか、それとも「OFF」にしたいのかが分かれ目と
言える。

図3の場合は、昼間はほとんど遭遇しないパターンと言える。どうしても「消し
たい」と思ってしまう局面は、まずほとんど巡り合わない。図2は、「オートライ
トスイッチ」の反応に「依存」することになるので両者の場合、図3の方が良
いと思われる。

そのどちらも実現するのが図4となる。「オートライトスイッチ」の機能を制御
するしかあとは方法がないということになる。乗用車用は、結局図4のような
回路になっている。

難しく説明してしまったのかもしれないが、図4の実現は至って簡単で「オート
ライトスイッチユニットと1個のスナップ(トグル)スイッチがあればできる。

ヘッドライトが純正やHIDの時には、なかなか難しかった「オートライトスイッチ」
「LEDヘッドライト」によって簡単に導入出来るようになった。
特に「立ち上がり」の遅いHIDではトンネルを出る頃にやっと「明るく」なる始
末で意味がなかった。LEDは、それはそれはレスポンスが速いので「オートラ
イトスイッチの効果がとても良くなったと言える。

理由は、電圧降下が無くなったからで、小さいパーツの組み合わせで構成す
ることが出来るようになった。

既に「ヘッドライトスイッチ」を導入しているバイクにも「オートライトスイッチ」は
簡単に導入できるのでヘッドライトをLED化した方は是非ご検討下さい!!

無きゃなくてもいい「オートライトスイッチ」・・バイクのカスタムパーツのほとんど
が無きゃなくてもいいものばりだ。何も電装系に限った話ではない。

バイク小僧
      無くてもいいもの
                 付けたがる・・・
小僧じゃなくて・・おやじだろ・・m(__)m

続きを読む "オートライトスイッチを考える・・ ヘッドライトスイッチとの違い" »

2016年2月13日 (土)

ムフフ 「LEXYO」と「LEXY」 一文字で随分違う?? 悪くないかも・・

「LEXYO」とは造語です。もちろん聞いたことのない単語ですよね。
似た単語に「LEXY」というのがあります・・(最近知った・・)

この「LEXY」ウィキペディアによると・・(抜粋)
LEXY(レクシー)とはLOVE SONGをSEXYに歌うことをコンセプト
としたLOVE&SEXYの造語。

ということらしい・・ムムムなんか近づきたい雰囲気だなあ~

是非「LEXY」でググルなり、ヤフルなりしてみてください。
ついクリックしてしまう画像がたくさん飛び出してきます。大丈夫「猥褻(わいせつ)」
ではありませんから。(^^)

「LEXYO」を「LEXY」のコンセプトに無理やり被せると・・・
「高性能LEDをSEXYに扱うオヤジ」・・・ハハハ(^o^)
良く無い??ですか??

LEXYOの装着前後の画像をお寄せください!!
特性ステッカー差し上げます!!
よろしくお願い致します!!

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ