フォト

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

ツー仲間たちのカスタム

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

経済・政治・国際

2018年9月29日 (土)

ある衆議院議員のヘイトスピーチについて

ちと堅ぐるしい話題ですが・・
自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック選出)のヘイトスピーチ
が問題になっているがそもそもよく分からないのが「LBGT」と4文字で表現す
ることからして疑問に思う。誰が何のためにその表現を始めたのか・・

議員の言う「生産性が無い」というまったく根拠のないような、あったとしても
こじ付けてるとしか思いようのないような発言は、あまりにも稚拙で許しがた
いものに感じる。

「子供が作れないから」とか発言したそーな・・いやいやバイセクシャルなら
可能でしょ。
「養子」だってみんな可能でしょ。「精子」をもらったりしても妊娠できますよ。
代理出産の道もある。法的にはわかりませんが。日本の法律の問題よりも
この発言は世界中に発言したも同然なのだから「子供が作れない」などという
ことを理由に「生産性」を言うというのは軽はずみすぎるし、呆れてしまう。

だとしたら、たまたま意思に反して何らかの理由で「妊娠が出来ない」人、「障
害者」の人たちも同じ扱いにしたいのか・・価値観から「子供は作らない」と決
めた夫婦も「生産性」が無いと言ってしまうのか・・単に4文字のアルファベット
だけで片づけられるものではなくなるはず。

「生産性」が低下すると年金収入が減るから国が困るとでも言うのか・・

「年金」の不足は、本来大昔にこの制度を作り上げた当時の政治家の計算
ミス・見込み違いによるものなんじゃないのか。だとすれば、現在の「頭のい
い、立派な」政治家さんたちがこの問題を解決すべきであって、それを「LBGT」
のせいにするとはなんと愚かな議員様なんだろうと思う。

最近は、テレビでタレントとして活躍している「オカマちゃん」系のタレントさん
たくさんいるよね。いろんな意味で話題を作り出すし、楽しませてくれる。本や
雑誌でも活躍するし、さまざまなことで話題を作り出してくれる。これって別の
意味で「生産性」が高いと言えるんじゃないの??

確かに「少子化」問題が将来の年金制度の課題に大きく影響するだろうという
のは予測できる。
でも「LBGT」は最近の「言葉」であっても大昔から存在したんだよ。最近はみ
んな勇気をもってカミングアウトして数が表面化してきているだけで最近始まっ
たものではない。
ここで大きくその議員の言う「生産性」が無くなってきているものではない。
もっと言えばそこに「生産性}などという言葉を投げるのがおかしい。

多くの人がカミングアウトしていろいろな情報が集まり、「コミニティ」ができ、
新しい仕事・職業が生まれてくる。法律をどーにかしようとか、医学的に解明
しようとか、カウンセリングしようとかさまざまな環境作りや専門家が表れ、いろ
いろな活動が始まっていく。ヘイトスピーチしかできない議員なんかよりも大き
な「生産性」「経済効果」があると言える。

その議員さんに言いたのは、「他人がどうの」・・という前に「自分の議員として
の力量」を確かめたうえで今後国がどうすべきなのかという「前向き」な「提案」
をして欲しいものだ。

こんな議員に「税金」の中から「報酬」を与えること自体が「生産性」の低下と言
える。

国が何らかの補助金を予算立てするのであればそれなりの調査の結果として
の根拠の上に立って支給するのだからもしその根拠そのものに意義をいうの
ならいいとして話をすり替えて別の角度から批判するというのはいかがなもん
だろうか・・

家庭を作り、配偶者として認め合えれば「夫婦」として認めたうえで「配偶者」と
しての何らかの控除・権利が受けられるように一般の夫婦と同様の権利を与
えることが出来るのが公平な社会ではないだろうか。

別の形での補助金などの支援をすることが行き過ぎだとは一言では言えない
と思う。

人間は「ひとり」では生きていけないのだから家族・家庭を築き、それを糧(かて)
として支えとして社会の中で必死に生き抜いていけるようにするのが文化的な
社会の在り方なのではないか・・

「働かぬもの食うべからず」・・・これは言えると思う。(働くことが出来る条件下
にある人のこと)そして税金を支払い、法を守る。そのためには幼い時に学び
社会性を身に着けることを義務付けるということをみんなが行えばよいので
あって、生産性だけで公平性を正すことは無理が

あるだろう。

一人一人の個人の価値観と国の財政問題をまとめていうのならどこかの大
国が実施した「一人っ子」政策の逆の「複数っ子」政策でも法律で決めて強行
すればいい。まっ無理だろうけどね。何も出来ない無能な議員さんにはとっと
と消えてもらってこれからの社会をどうしていくかを「現実」を理解したうえで
提案できる人に代わって欲しいものだ。

続きを読む "ある衆議院議員のヘイトスピーチについて" »

2012年10月22日 (月)

いきなりですが・・ シリア情勢

我々が、ツーリングをしている間も、こうやってパソコンに向って
いる間も、シリアからトルコへの難民の流出は続いている・・

一時期、トルコとシリア間の仲もかなり緊迫したが・・
今は、トルコ政府も何の罪の無い難民を国境近くで受け入れざるを
得ない状況になっている。キャンプには、20万人を超える難民が生活
を続けている。今も毎日、流出している状況だ。

一部の旧シリア寄りだった国が、アサド大統領への厳罰に反対して
いるが、そこは、「勝てば官軍」となるのは必至である。
リビアがそうだった。ルーマニアもそうだった。イラクもそうだった。
反政府側も必死に抵抗し、命がけで政府打倒を目指すのだから、各国
がたとえ反対したとしても、当事者達は、見逃さないだろう。

ロシア政府は、アサド大統領一族の亡命を受け入れるべく、アパートの
建設を急いでいるらしいが・・

こんな時、いつも苦しむのは、女 子供 年寄り と相場が決まっている。

首都は、壊滅的な状態・・・インフラ・ライフラインは、ほぼ機能しない・・

おそらく、政府軍だろうが、反政府軍だろうが、勝った方の負けた側への
報復は、並大抵のものではないだろう。
ウガンダの時のように、天文学的人数の虐殺が行われるかもしれない・・
シリアも、結局は、民族紛争なのだから・・

多国が、干渉できずに、見守るのには、訳がある。
いろいろな事情・利害のためである。

われわれは、単なる傍観者・・対岸の火事・・無力なのである。
民族紛争による、「血」の浄化は、決して可能ではない。
民族云々の前に、「人間」達は、生き延びようと、逃げ回るから・・
無駄な浄化よりも、和平・強調・協力というふうには、いかないのだろうか・・

「みんなで仲良く・・」は、ファンタジーなのだろうか・・

我々は、おとぎ話をただ夢見る、無力な人間なのだろうか・・











2012年7月 5日 (木)

「革命・解放運動」が起こりやすくなった・・本当に正しいのか・・

なぜ、最近、革命が増えたのか・・革命が容易に起こっているような・・
「革命」という名の「反乱」のような気もするが・・

まず、最初に上げられる要因としては、
  その国の熟成度が低いからといえる・・

では、ナゼ未熟なのに起きるのか・・
  成熟したいと国民が願うからである・・
では、成熟とはなにか・・
  国民のほとんどが、「民主化」を成熟の域と勘違いしているような気が
  する・・

「民主化」は、ゆわば、「公平」かつ「平等」な「経済」だと思い込んでいる
ような気がする・・

「経済」のイニシアチィブが、「国民」にシフトすれば潤沢にお金が回り、豊
かになれると思っている。

「経済」を動かすには、「知恵」と「努力」と「秩序」と「理性」必要なのであ
るが、単に「市場開放」されれば「経済化」されて「民主化」されると勘違い
しているような気がしてならない。

「容易」に国民にシフトしてしまうと、みなが「合理性」に走り「バブル」をも
とめて「争奪戦」が始まるだけであって、結局はそこに「勝者」と「敗者」
生まれるだけであって、100%の人が同じように潤うわけてではない。

今回は、何が言いたいかというと、「情報」のみが先行して高速で国民の
間に広まり、未熟で理性のない人々が、反乱を起し、日頃のうっぷんを
晴らそうと暴徒化し、破壊し、傷付け合い、最後には、殺し合いにまで
発展しているケースが多いのでないかと言いたい。

何がそうさせたのか、・・そうさせたとはチト違うな・・
何によって「そのようになりやすくなったのか」・・だな・・

「FACEBOOK」や「ツィッター」、スマートフォンやIフォンなどのネット
ワークツールの普及が加速
させたと言いたい。

では、それらにがあるのか・・それはまったく無い・・

では、何がいけなかったのか・・

未熟な人間が、「高度なネットワーク機器・ソフト」を手にしたことが最も良
くないことなのだ・・と言いたい。それらのシステムによって加速しやすくな
った。学ぶ前に情報が高速で流れ込んできて、勢い付いた。

一種のプロパガンダ的な流れが起きたのだと思う。

筋の通った「主旨」にのっとって起きたのではなく、面白くないから起きて
いるような気がしてならない。

本来、未熟であれば、先に「学ぶ」べきである。

「理性」の無い人間が、「情報」を発信したり、受信したりして行動を起し
ていった。
「判断力」や「統率力」、「指導力」「説得力」「計画性」の無いままに単に
行動に走ったのだと思う。

そこには、「自由」「民主主義」「解放」といった人を動かしやすい言葉で、
導いていった何かが存在する。

根回しや、話し合いや、理論武装を怠ったまま、単に破壊に走った。

デマなどが横行し、他人を焚き付け、集団で暴動を起したに過ぎない
状態にあると思う。まさにプロパガンダと言えよう。

クーデターよりもテロに近いものを感じる。
「レボリューション」ではない。まさに「破壊行為的」な・・

イデオロギーをもってして、本来のあるべき姿への変革を追及すべき
であって、破壊行為は、単なる「うさ晴らし」である。

未熟な人間に「高度な道具」だけを与えては、危険なのである。
高度な機器は、ある程度の知識のある人間が持ってこそ、その真価
発揮できるものである。

チャリしか乗ったことの無い人間にF1マシンを渡しても・・

情報を整理したり、判断したり、蓄積したり、検索したりして
将来を考えて、統計を取り、パターンを認識し、文化や歴史や
世界とのバランスを考えながら、国民が協力して分担しあって
おのおのが、責任持って行動しなければならず、単に破壊しても
復旧には、時間とお金と労力が必要になるだけである。

願う「経済化」が遠のいてしまうことになる。まさに愚かである。

電子的ネットワークとは、非常に強力で、危険なシステムなのだ。

未熟なのは、政府だけではなく、自分たちこそ、最も未熟で教養
の無い人間であることに気づき、本来の「情報化」をすすめるべき
なのである。

未熟な者に、「高度情報機器」を持たせてはいけない。
それよりも「高度な情報を互いに交換しあう」べきなのだ。
もっと言うなら「何が高度情報なのか」について学ぶべきである。

持たせるなら、教科書と、辞書と、電卓と、定期券がよいと思う。

「ローマは、一日にして成らず」である。

未熟な者達よ!!今すぐに「破壊行為」をやめなさい!!
結局は、弱い老人、子供、女が犠牲になるだけなのだから。

「高度な情報機器」ではなく、
    「高度情報」を手に入れなさい!!


無料ブログはココログ