フォト

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

ツー仲間たちのカスタム

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

HID他いろいろな光

2018年2月23日 (金)

LED COBの性能 オレンジ色のCOBイカリング しかも二重!!

以前COBのインプレをいただいた大阪のNさんからの続報インプレ!!

「ホワイトのCOBの外側にオレンジのCOBを取り付けたい!!」との
ご要望にお応えしまして用意させていただきました!!

20180218_16202212

周囲が明るいのでオレンジの色合いが鮮明ではありませんがとてもきれ
いなオレンジです。内側のホワイトとの二重化でかなり明るくなりました!!

以下ご本人のコメント
------------------------------------------------------------

管理人さん
いつもお世話になっております。
無事に届きましたよ。いつものようにインプレです。
管理人様とのやり取りの中で、2つCOBデイライトをつけるアイディアが浮
かびました。
やり方は前と一緒なので、写真は完成後だけです。
レンズ外周に厚さ1.3ミリの両面テープを三重に巻いて、インストールしました。
名付けて「ツインカラーCOBデイライト」。
内は白、外はオレンジ、美しいでしょ?
今回も納得の大満足です、管理人様、ありがとうございました。
綺麗で格好いいっすよ!
大阪 Nより
-----------------------------------------------------------

以上ご本人のコメント

インプレありがとうございました!!\(^_^)/

「暗闇」の中、正面から見てみたいと思うのは私だけでしょうか・・・(^-^)
ヘッドライトが不要なぐらい明るいでしょうねぇ~(゚∀゚)

何かございましたら、ご一報ください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Nさん!!いつもありがとうございます!!








続きを読む "LED COBの性能 オレンジ色のCOBイカリング しかも二重!!" »

2018年1月30日 (火)

LEXYO 4k LEDヘッドライト ヤフオクに出品しました!!

Dscn07521

001

Csp2c41

Csp2r









ヤフオクに出品していますで宜しければご覧ください。

続きを読む "LEXYO 4k LEDヘッドライト ヤフオクに出品しました!!" »

2018年1月25日 (木)

LEXYO 4k CSP LED HEADLIGHT H4H/L 4000lm 6500K 25w/25w

### 近日発売開始予定!! ###

お得な先行予約受け付け中!!
メールにてお問い合わせください!!

15_2

 

 

1


続きを読む "LEXYO 4k CSP LED HEADLIGHT H4H/L 4000lm 6500K 25w/25w" »

2018年1月23日 (火)

LED COBの性能 200チップ近い球数 ブツブツ感なし その4 インプレ

既に昨年の暮れにメールでご注文をいただいた方がおられまして、その
方からのインプレ記事をお届けします。

大阪のSさんから頂きました。この方とはもう5~6年前からのお付き合い
でたいへんお世話になった方です。

デイライトの販売初期から興味を持っていただき、当方初となる
「デイライト ダブル巻き 84チップ版」を装着されていま
した。

COBの記事にまたもや「食いついて」頂きました(゚∀゚)
いつもありがとうございます。m(__)m
でわさっそく・・・

大阪 Sさん ご本人のコメント
------------------------------------------------------------

管理人様
無事に届きました。
危惧していた通り、私のマルチリフレクターヘッドランプケースはVGM大原
さんのものなのか、レンズのサイズが大きかったので、折角のマウント無し
での取り付けとなりました。
振動でどうなるか不明ですが、自己責任ですし、レンズに両面テープで貼
りました。印象としては大丈夫そうですよ。

20171223_164217_2


リムの隙間にコードを通せるようなコネクター加工もされてあり、
非常に
楽にインストール出来ました。

20171223_162045

私はコードにギボシを付けて、車体側に取り付けました。

20171223_161950_2

マウントも丁寧で細かな配慮がなされており、レンズ外周に簡単にイン
ストール出来るはずです。
点灯させますと、非常に明るいです!!格好いいの一言。

20171223_164804

20171223_164639

もうCOBに大満足、写真で判断して下さい。

20171223_164231

以前のようにツブツブも悪くはないですが、目立ちたいならこれは買うべ
きですよ。(^-^)b
今回も素敵な奴をありがとうございました。
大阪 S
------------------------------------------------------------
以上ご本人のコメント
こちらこそありがとうございました。
記事の掲載が遅くなりまして申し訳ございませんでした。
いろいろと順番みたいなものがありまして(+_+)
お送りしたものがV-max純正レンズ仕様だっため径が合わずにレンズの
表面に「直貼り」していただきました。レンズとの一体感はあるものの振動
や熱などによる劣化等も想像できますので見守っていきたいと思っています。
Sさん、何かございましたら、ご一報ください。対応させていただきます。
やはりカラーの主流は、「ホワイト」なのでしょうか??いろんな色が販売され
てきていますのでマシンに合ったカラーをチョイスしていくとよいでしょう。

Sさん、ありがとうございました!!\(^_^)/



続きを読む "LED COBの性能 200チップ近い球数 ブツブツ感なし その4 インプレ" »

2018年1月22日 (月)

LED COBの性能 200チップ近い球数 ブツブツ感なし その3

関連記事を先にご一読ください。

LED COBの性能 200チップ近い球数 ブツブツ感なし
LED COBの性能 200チップ近い球数 ブツブツ感なし その2

畳みかけるように「COB LED」の話題をつづけていますが・・・もう少し・・

チップが100も200もあると当然ながら安定した電力・電流を供給しなければ
ならない。基板上に流す前に安定化させておかないとCOBリングのような
細くて薄い形状の物は作れない。

ということでほとんど・・多分・・全部の「COB LEDイカリング」には次のような
物が漏れなく付いてくる(-_-)b

Dscn0640

初期のLEDヘッドライトのコントローラやCCFLのインバータ、HIDのバラスト
など基本的には目的は同じで、「安定化」するための物でCOB LEDの場
合は、「LEDドライバ」と言っている。

単3、単4電池と比較してみると決して大きくないのが分かる。

Dscn0639

この中はどうなっているのかというと・・まったく同じ物ではないけど「類似」
のドライバがあるので見てみる。こんな感じ・・・

M04486_2

あそらく作りこみは違うと思うけど、要するに半導体やコンデンサが入って
いて制御している。最も重要なのは、「LEDドライバ」そのもので何をする
のかというとCRD(定電流ダイオード)とほぼ同じで「定電流IC」というもの
重要な役目を果たしている。単なる「抵抗器」ではない。
よく使われるのは、「PT4115」と言われる「定電流IC」だ。

ドライバの仕事ぶりを目で見てみる。
まず、COB LEDを繫がない状態で、供給電圧を見てみると‥12.4V

Dscn0643

LEDドライバを通り抜けた後の電圧。すでに11.3Vまで落ちている。

Dscn0644

これにCOB LEDを接続すると‥8.3Vまで降下する。

Dscn0647

LED側で消費される分降下するのだけど「定電流化」するためにこのよう
になってしまう。
要は、「過電流」を特に気を付けるようになっている。破損しないように。

このLEDドライバは、COB LEDのチップ数に応じて違いがはっきりしている。
まずは、見た目を比較してみる。テープが貼ってあるのが「小サイズ
用」のドライバ。

Dscn0657

あれれれれ(@_@;)困ったな・・見た目は同じだあ(@_@;)・・・そう、
まったく同じ筐体だ。なので先に「テープ」を貼って混乱しないようにして
おいた。

ということは・・・ということは・・・「大きいCOB LED」に「小さい
COB LED」用のドライバを繫いだらどうなるだろう…(-_-)??

(今日の記事の最大のテーマかも)

やってみる!!(^-^)/

まずは、純正のドライバの時・・

Dscn0660

まっ、当然明るい(^-^)
この時の電流値は、450mAだ。

Dscn0649

次にこのCOB LEDに小さいCOB LEDのドライバを繫いでみると‥‥

Dscn0661

なんと!!暗くなった (゜O゜)・・と驚くこともないけど、流れ込む
「電流値」が落ちたので暗くなったのだ。
青白くなっているのは、デジカメが勝手に補正しようとしてしまったから。
設定や条件は、まったく同じで撮影した。

電流値を見てみると・・・370mAに落ちている。
要するに「ドライバ」が{決定」しているのだ。

Dscn0655

ということは・・・・ドライバの交換で

「明るすぎるCOB LED」を調光することが出来る!!

ということになる。\(^_^)/

では、逆に「小さいCOB LED」に「大きいCOB LED」のドライバを繫いだ
ら・・・

実は、これはとても危険だ。おそらく当然「もっと明るく」なるはずなのだが
LEDを破損させてしまう可能性がある。(-_-)bやめとこう(-_-)

COBに限らず、LEDは全て「調光」出来るのだけれど、そのLEDの性能を知った
うえで行わないといけないということ。

もっと明るく!!もっと明るく!!というのが今までのLEDの課題だったけれど
ここにきて「明るすぎる」ことへの対応を考えていかないといけないのか
もしれない。


続きを読む "LED COBの性能 200チップ近い球数 ブツブツ感なし その3" »

2018年1月21日 (日)

LED COBの性能 200チップ近い球数 ブツブツ感なし その2

「カバーありCOB」と「カバーなしCOB」の見た目の違いがわかった
ところで次は、実際の仕様・規格を確認してみる。

まずは、消費電力。小径の方は、電流が0.38Aということなので消費電力
は単純にメーターだけみると12.3Vx0.38=4.7Wということになる。

Dscn0609

もうひとつの大径の方は、照明よりも10mm以上径が大きく、チップの数も
約20チップ多いのだけど・・見ると0.48A・・ということは、12.3Vx0.48A=6W
ということになる。

Dscn06071

6Wとはさほどのパワーでない。一般的な昔からある砲弾型のLED25
個分程度だ。
COBが低消費電力というのがよくわかる。
COBの200チップと砲弾型の25個とでは全然明るさが違うだろうことが想
像できる。

Dscn0615

COBはとにかく明るい。人によっては、場合によっては、場所によっては・・
「明るすぎる・・」と思うかもしれない。そうなると「明るさ」を調整したい!!と
思うかもしれない・・ないかな(-_-)・・そう「制御」してしまおう!!ということでこ
んな時に「明るさ調整」できるものもあったりする。

こんなやつで、まあ「形状」「性能」はいろいろあるんだけど・・要するに
「ツマミ」がついていて、これを使って「調整」するわけだ。

Dscn0614

明るくしたり・・

Dscn0616

少しずつ・・

Dscn0618

Dscn0619

「コントロール」ができる。

もう少し「イタズラっぽく」考えてみると‥「暗くなったら点灯」・・そう
「オートライト」的な「コントロール」も容易だ。こんなやつがあればいい。

げっ・・ピンボケ(@_@)え~っと・・ボケてますが「受光部」がついた光センサー
リレーがあれば簡単に「オートライト」化ができる。

Dscn0621

明るいと点灯しないけど・・・

Dscn0624

受光部が暗くなると‥リレーオンになってLED点灯ということになる。

Dscn0625

まっ、「いらない(-_-)不要・・」と思う人がほとんどかとは思いますが・・お遊び
としてはけっこう面白い(^-^)

ハロゲンやHIDだと「大容量・ハイパワー」のため簡単ではなかった「明かるさ」
のコントロールもLEDの小型化、超高密度・高輝度・低電流によって簡単に
安価なパーツで制御できるようになったわけだ。

LEDは、若干高めではあるが、その取扱いの容易さや寿命、輝度を考慮すると
とてもよくなってきている。

バイクシーズンになる前にみなさんも考えてみてはいかがでしょうか(^-^)
ご相談に応じます!!\(^_^)/いつでもどうぞ!!

続きを読む "LED COBの性能 200チップ近い球数 ブツブツ感なし その2" »

LED COBの性能 200チップ近い球数 ブツブツ感なし

まずは見ていただきます。
V-max純正130φヘッドライトのレンズの外側に装着したCOBのデイライト

Dscn0587

きれいな光の輪ができています。切れ目の無い完全な「輪」「円」です。
180個のLEDチップが作り出すムラの無いリングです。

電源を落として見てみると‥COBがハダカなのが分かります。

Dscn0569

表面が黄色みがかっているのもわかります。サイズはピッタリ!!

次によくある「カバー付き」といわれるもの。

Dscn0605

カバーの影響で「内径」がフィットしないため一回り大きいサイズになります。

130φのレンズには、やや大きい感じで、レンズにはめる・・というよりも
レンズの後方のケースのリムに乗っかる感じ
です。リムの円周とほぼ同
じです。

Dscn0572_2

このふたつを並べてみると・・

Dscn0607

外側の「カバー付き」の方が「太く」見えます。カバーの拡散効果のためにそう
見えます。

Dscn0574

ひとつは、ピッタリサイズだけど、カバーなし
かたや、やや大きめだけどカバー付き・・となります。

このカバー付きのCOB、140φのレンズ「某V-maxカスタム有名ショップ」
の「マルチリフレクターレンズ」には、おそらくピッタリハマるのではないか・・
推測しています。というのも、現在インプレッション記事「待ち」の状態です。
間もなく情報が入ってくる予定です。インプレ頼んだ本人にプレッシャーを
掛けるみたいですが・・('◇')ゞ・・ゆっくりでいいですからね(゚∀゚)

それとは別に同じマルチリフレクターのレンズの表面に装着した場合の
インプレが既に入ってきていますのでそちらも近日中公開予定です。
フィット感ピッタリのレンズ直貼り!!乞うご期待!!

「カバーなし」の欠点は、やはりその露出度により「破損」の恐れがある
ということになります。まあどんなLEDでもバイクの一番風当たりの強い場所
に装着されてしまうわけですから、リスクはあるのですが・・シリコンではない
のでテープタイプよりリスクが高いと覚悟しなければなりません。

自動車のようにレンズケース内に収めるのでしたら当然ハダカでもいいの
ですが、バイクの場合は、こうはいかないですね~(+_+)

「カバー付き」の欠点は、「大きい」ということと価格が少し上がる・・
という点。
破損を恐れるのでしたら「カバー付き」がおすすめ
「見た目重視」ならカバーなしでもいいと思います。

取り付け方法はほぼ同じです。カバー付きの方が「補強」はし易いと言えます。

残念ながらレンズ径が140mmを超えるヘッドライト用のCOBリングは見当たり
ません。よって、シリコンチューブタイプのテープLEDとなってしまいそうです。
最も多いのが180mmのヘッドライト。探しましたが見つかりませんでした。

そろそろ以前の「デイライト イカリング」から新しいのに「乗り換えたい!!」方!!
いらっしゃいましたらご連絡いただけましたらご相談に応じます!!
当然ですが「相談無料」です('◇')ゞお気軽にどうぞ!!

そうこうしながら・・新しいLEDヘッドライトの仕込みも始めています。
そちらも何かございましたら、ご一報ください。

コメントよりメアド付きでお問い合わせください。メアドは、非公開で安全です。

 


続きを読む "LED COBの性能 200チップ近い球数 ブツブツ感なし" »

2018年1月16日 (火)

LEXYO完売 販売終了しました。ありがとうございました。m(__)m

バイク用LEDヘッドライト「LEXYO H4 3000lm 6000K」の販売が終了となりました。
おかげさまを持ちまして「完売」です!!\(^_^)/ありがとうございまし
た。m(__)m

X4f

一流メーカーのQCをくぐり抜けた高性能チップ搭載。安定・安心・高輝度
と3拍子揃ったLEDでした。ファンレスにも関わらず熱効率が高くオーバー
ヒートもしないため、故障・クレームも一切無い!!返品回収率ゼロというとて
よい製品でした。

技術開発の発展により、よりエコロジーな照明機器に移行がどんどん加
速する世の中。LEDによるエコ化への期待も増加する一方です。

先日の記事でもお伝えした「CSP製LED」の受け入れを行って行く予定です。

過去記事「LEDの進化 ヘッドライトの進化 CSPの今後」

「一流メーカー」という「信頼」とから少し離れて「最新技術」への期待感という
感じですすめて行きます。

どうぞ、ご期待ください。!!m(__)m
これからもどうぞよろしくお願い致します。m(__)m




続きを読む "LEXYO完売 販売終了しました。ありがとうございました。m(__)m" »

2017年12月13日 (水)

LEDの進化 ヘッドライトの進化 CSPの今後

「CSP」とは、ある一定の企業名ではない。さまざまなチップへの新しい
技術の導入であり、半導体技術の進化系である。

前回の記事 「LEDの最新技術「CSP」について学ぶ」

「CSP」製だからと言って必ずしもその製品が「優秀」とは限らない。
製品の中に取り入れた「CSP LED チップ」がどのような工程でどこで
作られ、どんなQCを経て目の前にあるのかが問題になる。

その点一流メーカー名をしっかりと「掲げた」製品はとなるとそのメーカー
のプライド・能力を問われるのだから半端なものは出荷できない。

「一流メーカー」の「CSP」となるとそれなりにかなりの「信頼」を寄せて
もいいだろう。
ただし、価格はいったいどのようになっていくのかが気になるところ。

さっそく「CSP」LEDチップ搭載のH4タイプ ヘッドライトを耐久試験のため
に2ケ月ほど前に仕入れてテストを実施してきた。
結果としては、十分に満足できるものでこれは次世代ヘッドライトとして
注目を集めていくことになると確信している。

Dscf1318

消費電力は、Hiビーム、Lowビームともに同じ25Wであり以前のものと
比較してもかなりの低消費となっている。いささか驚きだ。

バッテリー 11Vのものを用意。

Dscf1332

Lowビーム 10.7Vに電圧降下 1.2A  ということは13.2Wとなる。

Dscf1337

続いてHiビーム 同じく電圧降下するものの 1.2Aと同じ

Dscf1336

肝心の「明るさ」は、以前の3000lm(ルーメン)を大幅に超えた4000lmまで
に達している。LEDヘッドライトも4Kの時代に入ってきた。(^o^)

大きさは、「ファンレス」にも関わらずフインが大きくなっていなくてまったく
と言っていいほど従来のものと変わらない。
狭いバイクのヘッドライトケースになんなく収まるサイズになっている。

色温度は、6500K(ケルビン)のものを選んだ。ほどよく涼しい「白」だ。

Lowビーム側の発光点には、お約束の「遮光板」がついていてグレア
防いでくれる。

20171213_16_52_29

もっとも恐れている「自己発熱」も驚くほど高くならず、安定した温度
とどまる。
LEDの本体のフィンの表面温度は、約71度まで上昇するがこれ以上には
ならない。

Dscf1324

ケースやガラスの温度も高くならない。とても安定している。というよりとて
も低い

Dscf1328

Dscf1330

HIDの時代は終わってしまったのか・・

CSPの発展にアジア企業が寄与してもらいたいものだ。

コストパフォーマンス = 大量生産 = それなりの需要

これこそがCSPの辿るべき道筋なのだと思う。

続きを読む "LEDの進化 ヘッドライトの進化 CSPの今後" »

2017年12月11日 (月)

LEDの最新技術「CSP」について学ぶ

「CSP」 Chip Size Package, Chip Scale Package

2013年以降盛んに参入・開発が進んできた「CSP LED」。市場に多く出
回るようになった。
「CSP」とは、Chip Size Package, Chip Scale Package というものでチップ
単体と同程度のサイズで実装された超小型のパッケージのことである。
もっと簡単に言うと「ダウンサイジンと高効率を実現」した「集積回路」
ある。

さまざまな「半導体」で取り入れることの出来る概念なのだが、今回は、
「LED分野」に注目してみる。

韓国メーカーを始めとしていくつかの生産メーカーが参入し、しのぎを削って
いる。我々の一般家庭の照明器具もいつかはこの「CSP」搭載のものが
主流になるのかもしれない。
工場で一括して大量生産をし、コストを下げながらより効率の良いも
のを作る
ことが競争に勝つ方法となる。

「小型化」「カプセル化」「パッケージ化」などが「キーワード」になる。
いかに小さい体積の中に計算され尽くした高性能・高効率LEDを押し込む
かが性能を分けることになる。

まだまだ「完全」な状態にあるわけではない。「ウイークポイント」も一部ある
わけで、そこを早めに「克服」して、次の「CSP」を定義できれば更なる向上
が期待できる。

この「CSP」の最もよい点は、ある一定の出力域に於ける「出力ルーメン」
が高い
とされている。要するに「高効率」で「明るい」ということだ。消費電
力を抑えつつ、明るい照明というのは最も求められる性能でそれでいて「安い」
ということになれば今まで「一流」と言われたメーカーが作るLEDを凌いで行く
ことになるだろう。

「有名ブランド」の安心という保険もさることながら、「高効率・高輝度」とい
う新しい魅力に気を奪われることになる。

次回は、
「Hi25W Low25W  4000lm(ルーメン) 色温度6500K(ケルビン)」
のCSP LED採用の「LEDヘッドライト H4タイプ」を紹介いたします。

時代は、
「低価格・高性能・高輝度・省エネ・長寿・低温・静音・安全・安心・簡単」
という世界に入ってきた。


続きを読む "LEDの最新技術「CSP」について学ぶ" »

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ