フォト

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

ツー仲間たちのカスタム

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

HID他いろいろな光

2017年1月30日 (月)

LED と SMD と COB について違いについて

LEDの「性能」について表記・説明するときによく「連」とか「発」とか「chip」
とか書かれているものをよく目にする。
「数」そのものについては、多いほど明るい!!ということには間違いがない。
明るさそのものを説明する時は、「カンデラ」だったり「ルーメン」だったりと
とかくややこしい・・今回はこの辺は割愛する。

LEDとは、 light emitting diode:  発光ダイオード
といって順方向にのみ電流が流れるダイオードの一種で、極性があり、
反対にすると点灯しない。
いろいろな回路にけっこう簡単に装着できる。逆流しないので安心して「発
光」を期待できる。

よくあるLED

R726930701

素子が一組しか入っていない。もし、無理に表記するとすれば、「1連1発」
いうふうに表現できる。足が長いほうがプラス極。背が高く大きい。

次に主流になってきている
SMD Surface Mount Device 表面実装型

の略称なんだけど何を「表面」と言い、何を「実装」するのか・・というと・・

細かいLEDのチップが既に四角い球(Device)の中に埋め込まれていて、
このひとつの球を基板(Surface) の上にハンダで固定し実装(Mount)
する・・ということを意味していて、SMDは、LEDのことであって別のもの
ではない。

下図は、表面にポチッと3個の点がわかる。この一つがチップそのもの
であってこの場合は、1連3chips(3発)という風に言える。とても明るい。
この四角いのがひとつのDeviceということ。この四角の球を基板に実装
出来る
・・という意味。

5050fontbsmdbfontfontbledbfontwarmw
このSMDタイプを実際に基板上に展開すると・・

Images

上図のような長いLEDを作ることができる。一般にLEDテープと言っている。
自由度が高くて長いものも生産できる。

SMDとSMDの間の黒い素子は、正確に言うと
「定電流ダイオード CRD(Current Regulative Diode)」
と言って、まあ、いわばSMDに流す電流を制御している抵抗器のようなもの。
この辺は今回説明を割愛する。

次のSMDはというと・・・

Plainplcc2_2


中央にチップが一つしかない。1連1発ということになる。一般の砲弾型の
LEDと同じ性能
といえるのだけども、「足」がない。基板に実装することを
目的
としているためである。単位面積あたりの実装数を増やすことがで
きる
ので効率的にかつコンパクトに明るいLEDを生産出来る。

次に紹介するのは、以前にも記事にしたんだけど、
「COB Chip on board チップオンボード」
とは、チップが板に載っている・・そのまんまやんけ!!ということです。
「close of business」とは違いますのでご注意を( -.-)b

Cobled60w

SMDは、基板に「はめ込んで」使用しますが、COBは、「載っている」
違いです。
では、ナゼ別物扱いなのかというと「生産性」と「明るさ」「形状」の違いが
あります。

SMDは、そのひとつひとつがとても安価に一般でも手にはいります。COB
も確かに一般で入手できますが、COBの場合は、「多発」のチップが既に
載せられたひとつの製品
として出回ることになります。完成品そのものが
高額な高輝度LED化されています。

単位面積あたりのチップ数は、圧倒的にCOBの方が上です。
ただし、形状は選べません工場が生産したままの形状で販売されて
いますので選択肢が少ないのです。
SMDだと、自由に並べることができるものの、単位面積当たりの数が
少なくなってしまう
・・・ということになります。実装するのにはハンダが必
要なので手間暇かかることになります。

COBの場合は、その手間隙が無いけれど形状の選択肢が少ない・・・
SMDの場合は、自由度が高いけど、実装に手間隙かかる・・・

板に上にLEDが有る・・という点では同じなんだけど、「使用目的」や
「設置方法」「ハンダ付け」「コスト」などを評価した上で選ぶことが重要だ。

要するにSMDもCOBも進化したLEDということだ。
チップ数がものを言う!!世界である。

形の限られるCOB・・・とても明るいけれどなかなか希望の形状のは無い。
現在は高額だけど、一般生活の中に、このCOBは多く出回っていくことに
なるだろう。
多く出回ることで、単価が下がることを期待できる。

以上 LED SMD COB のそれぞれがご理解いただけたでしょうか??

続きを読む "LED と SMD と COB について違いについて" »

2016年3月18日 (金)

V-max まるで兄弟のように 先輩後輩ともにV-maxでLEXYO!! 訂正!

昨日の記事の中でUさんの「エアスクープ」は、アメリカ製と勝手にお伝え
しましたが、ご本人から連絡がありまして、

「一つ訂正願います。
エアスクープは1700のを加工した物ですので宜しくお願いします。」

とのことでした(~_~;)すみません、勝手に思い込んでしまいました。m(_ _)m

ありがとうございました。
ついでに画像までいただきました。側面からUさんのV-max!!

1458255517548s

キマっていますねー。いい感じです!!加工の方法知りたいなあ~

ありがとうございました!!(^o^)/

続きを読む "V-max まるで兄弟のように 先輩後輩ともにV-maxでLEXYO!! 訂正!" »

2016年3月17日 (木)

V-max まるで兄弟のように 先輩後輩ともにV-maxでLEXYO!!

神奈川県 Uさんからのご投稿画像!!

トンネルの中でのLEXYOの画像!!わざわざ撮影頂きました!!
けっこう危険??すみません、命懸けの撮影・・ありがとうございました!!

実は、2台のV-max・・一台は、後輩の方のだそうです!!
Uさんから「LEXYO」を2台分をということでしたが、後輩の方のにも装着い
ただきまるで「ご兄弟」のように写っています!!

二台でトンネル内でその「明るさ」をカメラに収めていただきました。

1457162722165

すさまじい明るさです。

ご本人のコメント
----------------------------------------------------
日中でもミラー越しに後輩の位置が瞬時に分かる位明るいですね。

また、トンネル内は雲泥の差ですね。
今回、「LEXYO」購入して正解でした‼
ほんとに有り難うございました。

----------------------------------------------------
以上 ご本人
こちらこそありがとうございました!!

こちらUさんのV-max。アメリカのサイトで販売している1200用の新型VMAX
エアスクープ(ダミーダクト)がいいですねー。私も実は狙っていたんですが。

1457165846983

後輩の方とのツーショット!!

1457162689065_2

きれいなV-maxです。

1457165822786

いいなあ、すぐ近くに同じバイク乗りがいると話が弾むでしょうねー。

ご覧いただいたようにトンネル中での「LEXYO」は、とってもレスポンスよく
点灯
し、安全運転に一役かってくれます!!
HIDは、レスポンスがとても悪く、どうかするとトンネル出る頃に明るくなるなん
てこともよくありますが、「LEXYO」は違います!!とっても速く点灯します。

Uさん、ありがとうございました!!
お二人共、是非安全運転で楽しいツーリングに出掛けてください。
その時にまたご投稿ください!!ありがとうございました!!

行く先を
        明るく照らす
                     L E D !! m(_ _)m

続きを読む "V-max まるで兄弟のように 先輩後輩ともにV-maxでLEXYO!!" »

2016年3月16日 (水)

LEXYO BMW R100での検証 提灯ライトがサーチライトみたいに

BMW R100S にLEDヘッドライト「LEXYO」を装着していただきました。

さっそくその明るさぶりを正面から確認してみます!!

時計は、午後2時ごろ・・天気は晴れています。そんな中でこの明るさ!!

160312141330s

これじゃR100が確認できませんね・・チョットカメラをズラしてみます。

少し斜めから・・・世間の明るさが分かると思います。R100Sのカウルです。

160312141340s

R100のレンズはデカいんだけど、ライトの明るさはTさんいわく「提灯」程度
だとのこと。まあ、それはV-maxも同じですけどねー。
その提灯がまるでサーチライトのような明るさになりま
した。
V-maxと同じH4タイプですのでなんなく装着。簡単交換です。

Tさん「あ~早く夜間に走ってみたい~」とのこと(^o^)

それではその時のインプレを待ちましょう!!

続きを読む "LEXYO BMW R100での検証 提灯ライトがサーチライトみたいに" »

2016年3月15日 (火)

BMW OHV系 R100 で見たドイツのこだわり LED化するには・・

先日お邪魔した大野城市のTさんから、再度のヘルプコール・・よく聞くと
どーもハイフラッシャーのような現象・・・さっそく出掛けてみた。

先日もお伝えしたように「BMW R100S」という25年選手の決して新しくは
ないドイツ製のマシンだ。水平対向のどっしりとした作りのこのマシンを
LED化したいというのがTさん要望だった。

160307213822

ウインカーとインジケーター、メーターバックライトともにLEDに交換し、リレ
ーも交換した。ハザードユニットも取り付けテストも終わって次はという矢
先に「妙な現象が出るんです」とのこと。

それは、エンジンを始動した後に発生する。停止時にはなんともなく動作
していたLED群が、エンジンを掛けたとたんに妙な点滅をしだした。

通常ウインカーは、「ピカ___ピカ___ピカ___」と点滅する。1分間に90回前後が
だいたいの目安。ところがエンジンを掛けると・・・LEDが・・
「ピカ_チチチ_ピカ_ チチチ_ピカ」と点灯と点灯の間で小さく瞬きのように光る
エンジンを停止すると治まる。これは、どうも「発電」に起因するような・・
それか「発電」のあとか・・・まるでパルスのように小さく光るのだ。

このマシンも「交流発電」ののちに「レクチファイヤー」で整流すると言う点は
他車と変わらない。V-maxもそうだ。
今回は、「交流」を「直流」に変換・整流際に発生するパルスのような電流
がイタズラしているようにしか見受けられない。

特に、バッテリーが弱っているかダイオードボードの劣化が原因だと思われる。
もしかしてそうでなくてもそうなってしまう特性があるのかもしれない。

LEDは、「微電流」でも点灯してしまうので光ってしまう。純正のS25白熱球は
反応していないように見える。実は、白熱球においても反応しているのだけど
ボヤっと点灯してボヤーっと消灯する白熱球では認識しづらいのだと思う。

まだ、本格的に走行していないということなので一度しっかり走行・発電・充
電してみてLEDの光り方をみてみようということにした。

今回、Tさんのマシンに仕込んだ「ウインカーインジケーターランプ T10 緑」
は、この手のOHV系では共通のT10ソケットを一部加工してメーターパネル
の背面から差し込まないといけない
もので、その対応策としてT10LEDの
アース線をベースの底から出しているタイプを特別にご用意!!

P1250201

それをパネルに差し込むとこうなる。

Photo

出ている配線がLEDのマイナス極で、ボディアースするか近隣のマイナス極に
同居
させるようにするとウインカーインジケーターランプが正常に点滅する。

そもそもこれが必要な理由は、ウインカー球をLED化した時に、純正のインジケ
ーターランプがイタズラ
をして「右」にウインカーを出したのに「4個とも」に点滅
してしまうという「勝手にハザード」現象対策
のためのものだ。

このソケットはどうなっているかというと・・

Photo_2

黒いプラスチックのようなケースになっていて、それにLED球(T10)を差し込み、
さらにメーターパネルに差し込むことで動作するようになっている。

図を見るとわかるようにこのソケットの中には強度を上げるためか突起が底
にある
ため、それを避けて小さい穴を開け、そこからLEDのアースを引き出
という方法で問題を解決している。

Tさんは、穴を開ける時に「やや太めの針をペンチで持ち、ライターで炙ってその
熱で溶かしながら穴を貫通させた」とのこと。火傷しませんように!!
思ったより簡単だったそうだ。

大切なマシンにキズを入れるのは少し躊躇するのかもしれないがこれをやらな
いとウインカーをLED化できないとTさん。

T10 SMD 4連 グリーン のLEDは、けっこう明るい。しっかりと点灯してくれる。

G

さてさて、本格走行を待って、LEDの反応結果を受けて次の策を考えましょ。
ひとつだけ対策方法を思いついているのだが・・果たしてうまくいくか・・

ドイツで作られた歴史的なマシン。ドイツ人気質の一部を垣間見たような気
がする。

ドイツかぁ~一度行ってみたいなあ~。





続きを読む "BMW OHV系 R100 で見たドイツのこだわり LED化するには・・" »

2016年2月28日 (日)

LEDヘッドライト ヘッドライトスイッチもHIDのバッテリー直結リレーもオーケー

LEDヘッドライトというのは、バイクの状態や環境に影響を受けないし依存
をまったくしない。

現在、ヘッドライトスイッチがついているバイク、HIDのバッテリー直結型の
リレーがついている場合も、ヘッドライトブースターがついていても、オート
ライトスイッチがついていても問題なく交換できる。

なぜなら、従来のものは「安定した」もしくは「高い電圧」のようにヘッドライト
の負荷を考えて補うために用意されたものばかりだ。

LEDヘッドライトは、今までより圧倒的に「電力」を必要としないので現在つい
ているものはそのままお使いいただける。

コネクターの形状さえ適合すれば、交換が可能ということ。

何の知識も必要が無い。現在のヘッドライトのバルブを取り外すことさえでき
れば、誰にでもすぐに交換が可能だ。

ここまでの出荷分において、装着方法が分からないと言ってきた人はいない。
それは、誰にでも簡単に交換ができるからだ。

ムムム、え~LEDヘッドライトを売り込んでいます!!(^o^)

ぜひ、挑戦してみてください!!

ご案内
「LEDヘッドライトです!! 「LEXYO」(レキシオ)です! オートバイ用」(2016-1-29)


2016年2月21日 (日)

LEDヘッドライトは、本当にバッテリーに優しいのか??

答えは、「YES !」と言える。

単純に消費電力が低いことがあげられる。1/5程度の電力しか必要としない。

走行中は、ジェネレーターのおかげで安定した電力を得られるが信号待ちや
ラジエーターファンが回っている時などは、電圧が降下したりするがLEDには
あまり影響がない。

バイク、自動車もそうだが、最も電力を必要とするのは、「セルモーター」だ。
「セルモーター」にバッテリーの電力を全て流すことで確実にエンジンをかける
ことができるように「スターターカットオフリレー」がついていて、セルを回して
いる間は、他の機器への電力供給を絶ち、セルモーターへのみ流す仕組みだ。

だから、「セルモーター」が回っているときは、当然「ヘッドライト」も消灯している
ので、ヘッドライトが純正だろうが、HIDだろうが、LEDだろうが関係ない。
セルモーターにとってみるとバッテリーを独り占めする瞬間だ。

しかしここでひとつ問題がある。それは、「セルモーター」が回っていない時間帯
だ。「キー」を「ON」にした時、既に「ヘッドライト」や他の機器に電気が流れはじめ
おもむろに「セル」ボタンを押しにいく。この「間」にもバッテリーは消費されている。
エンジンがかからなかった時は、再度それを繰り返し、ヘッドライトには一時的に
電気が流れることになる。

ほんの数秒のことでも、放置していたバイクのバッテリーは弱っていて、ヘッドライト
に数秒でも電気を食われると一気にバッテリーは弱くなる。
もし、LEDヘッドライトならほとんど消費しないので、その時のバッテリーの一番よい
状態で電力を供給することになる。

「ラジエーターファン」が回りだしたとしても、LEDヘッドライトならバッテリーの消費を
ファンに譲ることになり、心配するほどの消費は行われない。

休憩の多いツーリングに出掛けた時は、休憩のたびに「セル」を回すことになり一気
にバッテリーを酷使する。それが夏場の水温が上昇しやすい日中ともなればバッテリ
ーはヘロヘロになり、弱ってしまう。

開放型バッテリーのように乾燥時期にはすぐにヘタってしまうときなどに「セル」を回
すことがあると、LEDヘッドライトの恩恵を受けやすいことになる。

要するに
「LEDヘッドライト」にすると、「エンジン」がかかりやすくなる!!

と言いたい。

なんか遠回しな言い方でしたが、そんなところです。















2016年2月14日 (日)

LEDヘッドライト 「LEXYO」にヘッドライトスイッチ そのまま使えます

バッテリーの事を考えて「ヘッドライトスイッチ」を装着しているバイク
も多い。
従来のハロゲンやHIDのように高出力・高電力電装品の場合にはとても
有効で、効果も高かった

一方、LEDヘッドライトはというと、11Wとウインカー1個の半分にも満たない
消費電力で済むため、スイッチをわざわざ付けるほどのものでもない
スイッチがあれば、それはそれでいろいろと活用できるのでバッテリーの事
だけではない使用目的として使うことかは出来る。

今まで付けていたヘッドライトスイッチは、そのまま「LEXYO」にも使用できる
一般的に多いヘッドライトスイッチは、「Low」側のみOFFにする機能のもの
が多く、「Hi」は従来通りの使用ができるものが主流だ。

今回の「LEXYO」は、H4に限定して出したのだけれど、今までスイッチは
配線も何も変更・加工することなくそのまま使用できるものだ。

ヘッドライトスイッチをH4コネクターに割りこませるためのコネクター
お好みのスイッチを接続すればすぐに使える。

Newtop1

HIDのバッテリー直結タイプの場合は、バルブへの電力を断つためにリレー
をOFFにすることで実現してる場合が多い。この場合もHIDの配線を残した
まま単にH4のコネクターのみを差し替えれば機能する。
もっともこの場合には、バッテリーからリレーへの配線が邪魔になるので本
来は取り除いた方がスッキリするだろう。

「LEXYO」は、ヘッドライトケース内の純正のH4コネクターに頼るので特別な
知識や電気に関する知識もまったく必要が無い

Lexyo

要するに今までのヘッドライトスイッチはそのまま使えます!!
ということ。
もし初めて装着してみよう!と考えてているのだったら、従来のような大型
のスイッチは必要なく、小型のミニスイッチでも十分に耐えてくれる程度の電
流しか「LEXYO」の場合には流れないので、安心してかつコンパクトにヘッド
ライトスイッチを付けることが出来るだろう。

Photo

Photo_2

Top1

もし選ぶなら唯一の注意点は、「防水性」である。雨・水に強いということが重
要で、固定方法に問題がなければ、市販のおしゃれなスイッチの中から自由に
選ぶことができる。上の画像のスイッチのほとんどが残念ながら非防水性だ。

・バッテリーにやさしく
・安定していて
・壊れにくく
・レスポンスも速くて
・明るく
・知識いらずで
・簡単に
取り扱うことが出来るのが「LEDヘッドライト」だと言える。

世の中を
       明るく照らす
                   L E D  m(。-_-。)mおそまつ



・オートバイ用LEDヘッドライト「LEXYO」のご案内!!。
「LEDヘッドライトです!! 「LEXYO」(レキシオ)です! オートバイ用」(2016-1-29)








続きを読む "LEDヘッドライト 「LEXYO」にヘッドライトスイッチ そのまま使えます" »

2016年2月 5日 (金)

LEDヘッドライト 「LEXYO」のカラーについて

発光色は、とても重要な要素。これと思ったカラーを選んでみたもの
の、取り付けてみると思ったのと違う・・・なんていうこともありがち。

HIDの場合にもそのことは購入の際の悩みの種のひとつ・・とくに高額品とも
なると悩ましい限り・・

「LEXYO」には、4色のカラーフィルムがそれぞれ2枚ずつ付属してい
て、気分や好みで貼り替え自由!!着せ替え自由なカラーチョイスが可能!!

3000ケルビンから 4300 6000 8000 10000ケルビンという幅広いカラーを
用意しました!!

標準が何も付けていない「白色」の6000ケルビン。それを中心に「黄色」寄り
と「青色」よりにそれぞれ2色ずつ計4色をフィルムとして付属しました。

2

好みや気分、季節感いろいろと楽しむことができます。

さて、あなたは何色がお好みですか??



LEDヘッドライト 「LEXYO」の取り付け時の注意について ブーツ編

LEDヘッドライト 「LEXYO」取り付け時における注意点の続編です。

「ブーツ」について
防水性を高めるために純正ハロゲン球に被せたあるゴム製のブーツ。
コネクターとの接点部分をかばうように被せたある。

このゴム製の「ブーツ」は、大容量のハロゲンの大電流からの保
護、及びハロゲン球そのものと、コネクターの接点を絶縁・防水するために
つけてある。

「LEXYO」には必要が無い。理由は、
①LEXYOが防水性であるため。(等級IP65)
②アルミフインは、露出している方が放熱効率がよい。
③コネクター部は、移動してしまうので意味が無い。
④そもそもサイズが違う。
以上のことからブーツを被せる必要が無い。

純正のブーツ(正確には一個なのでBOOTかな・・)

Photo

「LEXYO」の放熱用アルミフィン

Photo_2

取り外したぶーつは、大切に保管しておきましょう。



より以前の記事一覧

無料ブログはココログ