フォト

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

ツー仲間たちのカスタム

  • 20150823_008
    日頃一緒に走っている仲間たちのカスタムしたマシンです。

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

« 鳴らなくなったホーン ついでに交換 | トップページ | V-max ラジエーターホースのジョイント »

2019年12月30日 (月)

V-max 寒くなってきたので「熱い」お話・・ ラジエーターをよく見てみる

冬の間はあまり関心の無い「ラジエーター」。
むしろ「オーバークール」を気にしないといけないぐらい・・

そんな「ラジエーター」について・・

ジョイントが集合しているラジエーターキャップのあるユニット部分。
今日はこの部分から・・

Dsci0249

ここには二つのセンサーが装着されている。

Dsci0262

右の大きい方が「ラジエーターファン用サーモスイッチ」で
左の小さいのが「水温計用サーモユニット」だ。

Dsci0256

大きい方のスイッチと小さいユニットのネジ部分を見てみる。

ネジ部の汚れ方が違う。

挿入されている状態。

Photo_20191230001201

よく見るとネジ部の挿入程度が違う。

スイッチの方はほとんどネジ部か挿入されているのに対してユニットの
方は、約半分程度しか入っていない。

ちなみにスイッチの方は、「M16P1.5」16ミリのネジでピッチが1.5mm。

ユニットは、1/8PT(1/8R)という規格。M10P1.0にとても近いがちと違う。
こちらはテーパー(先細り)タイプのもので主に「管用・配管」に用いられる。
日本では昔から「PT」という規格(呼び名)が付いていたが規格が改訂されて
現在では、オスを「R」、メスを「Rc」呼ぶようになった。

テーパー(先細り)なのでネジの根元になるほど太くなっていく。要するに締め
付けの際に徐々にきつくなっていくようになっている。

本来、テーパータイプものは、高圧の空気や水を通すための配管用に使用される。
バイクの場合のウォーターポンプは循環用であって吐出・排出のためのものでは
ないのでそんなに高圧ではない。
実際にラジエーター水用のリザーブタンクに対してはオープンな状態になっていて
高温ではあるが高圧ではない。

なんだけど・・水温計のサーモユニットだけはテーパータイプになっている・・・

スイッチの方は、M16の細目になっている。並目はピッチ2.0mm。すんなりと根元
まで入る。

話をテーパーに戻して・・

実際にユニットのネジ部の寸法を計測してみる。
まずは、最も太い「根本」部分。

Dsci0257

9.96mm。(実際には10mm未満)

次に先端部分。

Dsci0260

9.57mmとなっている。要するに先端から根元に向かって少しずつ太くなって
いっている。するとメス側のネジ山に対して最も密着できるところからしっかり
と締め付けられる・・ということになる。これがテーパータイプの良いところ。
なんだけど・・これがクセもので・・規格がややこしい。

国内は、ほとんどが「PT(R,Rc)」のはずなんだけど輸入品や海外製品にはいくつか
の規格があって代表的なのが「NPT」という米国規格。ヨーロッパには「BSPT」
という規格がある。こちらは「PT」と互換性があるらしいが実際にはお目にかかった
ことがないのでよく分からない。

ネジにはいろいろな規格があるのでとてもややこしい。
ストレートなネジを「G」という呼び名で表すようになっている。

V-maxのユニットの場合は、「1/8PT(R)」と覚えておくといい。
無理に「NPT」のセンサーをPTの「メス」に力任せにねじ込む!!なんて
ことはしない方がいい。ネジ山がつぶれかねないし、水漏れの原因に
なるかもしれない。

ラジエーターそのものの話ではなかったなあ・・

一年の「締めくくり」が「ネジ」の話になってしまいました。

ネジ締めて

  気を引き締めて

       年閉める

 

 

 

« 鳴らなくなったホーン ついでに交換 | トップページ | V-max ラジエーターホースのジョイント »

V-max カスタム電装系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳴らなくなったホーン ついでに交換 | トップページ | V-max ラジエーターホースのジョイント »

無料ブログはココログ