フォト

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

ツー仲間たちのカスタム

  • 20150823_008
    日頃一緒に走っている仲間たちのカスタムしたマシンです。

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

« 2019年11月 | トップページ

2019年12月に作成された記事

2019年12月30日 (月)

ねじの規格を少しまとめてみる。テーパーとは・・

とっても複雑でややこしい「ねじ」の世界。
分かっているところまでをまとめてみる。

ねじの話
M6 M10などよく見かけますよねー。
このMの意味は、単純に「メートルねじ」を表しています。
よく間違えられるのが「ネジ部」と「頭部」のサイズを混同してしまうこと・・

M6の普通のボルトの場合、頭部は10mmあります。
なので当然10mmのスパナを工具箱から取り出すんです。
M8の場合は13mm、M10になると17mmにもなってしまいます。
あくまでもネジ部分の寸法でやり取りするのが基本。

それとややこしいのがピッチ。ネジ山の「谷」と「谷」の距離のことをいう。
ここが狭いと中目・細目というふうに呼ぶ。

M10の場合、並目は1.5mmに対して1.25mmの細目がある。
さらに1.0mmというのもある。ピッチが狭いほど「山」の数が多い。
その分たくさん回さないと閉まらないということになる。
そして当然「抜けづらい」ということに

ここまでの整理
・MxxのMは、メートルねじを表している。
・Mxxのxxは、ボルトのネジ部そのもののサイズを数字で表す。
・頭部の寸法とネジ部の寸法を混同しない。
・ピッチが合わないとボルトとナットは接合しない。
・ピッチが小さいほど精密で抜けづらい。

これに対してよくあるのが「インチねじ」ウィットねじというのが昔からある。
インチなので米国仕様ということになる。分数を使って表現する。
1/8インチや1/4インチといったふうに表す。

M10に最も近いのが3/8インチねじ。ネジ部が9.53mmの太さ。
ピッチは、約1.59mmあってM10よりも幅が大きい。
既にJIS規格は消滅した。

もうひとつあってユニファイねじ。メートルねじと同じ山の傾斜角
がある。こちらが新しいし現在の主流になっている。
M10に近いのはやはり3/8なんだけど、斜面の角度が同じ角度でピッチ
は約9.49mmとウィットより若干狭くなっている。斜面の角度が違うので
ウィットねじとユニファイねじには互換性はない。
米国製のバイクには、こちらが現在使用されている。

 

角ねじのサイズをM10を中心に比較してみる。ユニファイはふたつ近いのがあった。

平行ねじ
M10 ピッチ1.25mm(細目) ねじ径9.188mm 先端から根元まで同じ 傾斜角度60度
3/8ユニファイ ピッチ1.0583mm ねじ径9.525mm 先端から根元まで同じ 傾斜角度60度
7/16ユニファイ ピッチ1.270mm ねじ径11.112mm 先端から根元まで同じ 傾斜角度60度

管用平行ねじ
G1/8 ピッチ0.9071mm ねじ径9.728mm 先端から根元まで同じ 傾斜角度55度

管用テーパーねじ
R1/8(PT1/8・日本) ピッチ0.9071mm ねじ径9.728mm 先端から3.97mmの位置で 傾斜角度55度
NPT1/8(米国) ピッチ0.941mm ねじ径10.242mm 先端から4.102mmの位置で 傾斜角度60度
(※テーパーの意味 次第に細くなる 小ロウソク の意。)

テーパーの場合には、基準になるポイントがあってそこを基準に表記する。

ユニファイの分数表記とテーパーねじの分数表記ではまったく数値が異なる。
管用のねじの規格は、とにかくややこしい。

ああ~~((+_+))・・
頭がこんがらがってきた~~( *´艸`)

 

 



続きを読む "ねじの規格を少しまとめてみる。テーパーとは・・" »

V-max ラジエーターホースのジョイント

ラジエーターのウォーターポンプで循環する水は、必ずラジエーターキャップ
付近まで上がってくる。一旦集合して再びラジーエーターに戻り交換するために。

最も温度が上昇する部分にスイッチとユニットが設けられている。

ジョイントされているホースにもいくつかサイズがあって当然車種によって異なる。

V-maxのジョイント部の内径サイズは次のとおり。

1_20191230095701

ちなみにサーモスイッチとサーモユニットの部品番号はというと。

サーモスイッチ 105度ON ネジサイズM16P1.5
 2EL-82560-00

   3LN-82560-01 V-MAX VMX12 1998-2007
  

サーモユニット ネジサイズ R1/8(PT1/8)
 11H-83591-00

 

続きを読む "V-max ラジエーターホースのジョイント" »

V-max 寒くなってきたので「熱い」お話・・ ラジエーターをよく見てみる

冬の間はあまり関心の無い「ラジエーター」。
むしろ「オーバークール」を気にしないといけないぐらい・・

そんな「ラジエーター」について・・

ジョイントが集合しているラジエーターキャップのあるユニット部分。
今日はこの部分から・・

Dsci0249

ここには二つのセンサーが装着されている。

Dsci0262

右の大きい方が「ラジエーターファン用サーモスイッチ」で
左の小さいのが「水温計用サーモユニット」だ。

Dsci0256

大きい方のスイッチと小さいユニットのネジ部分を見てみる。

ネジ部の汚れ方が違う。

挿入されている状態。

Photo_20191230001201

よく見るとネジ部の挿入程度が違う。

スイッチの方はほとんどネジ部か挿入されているのに対してユニットの
方は、約半分程度しか入っていない。

ちなみにスイッチの方は、「M16P1.5」16ミリのネジでピッチが1.5mm。

ユニットは、1/8PT(1/8R)という規格。M10P1.0にとても近いがちと違う。
こちらはテーパー(先細り)タイプのもので主に「管用・配管」に用いられる。
日本では昔から「PT」という規格(呼び名)が付いていたが規格が改訂されて
現在では、オスを「R」、メスを「Rc」呼ぶようになった。

テーパー(先細り)なのでネジの根元になるほど太くなっていく。要するに締め
付けの際に徐々にきつくなっていくようになっている。

本来、テーパータイプものは、高圧の空気や水を通すための配管用に使用される。
バイクの場合のウォーターポンプは循環用であって吐出・排出のためのものでは
ないのでそんなに高圧ではない。
実際にラジエーター水用のリザーブタンクに対してはオープンな状態になっていて
高温ではあるが高圧ではない。

なんだけど・・水温計のサーモユニットだけはテーパータイプになっている・・・

スイッチの方は、M16の細目になっている。並目はピッチ2.0mm。すんなりと根元
まで入る。

話をテーパーに戻して・・

実際にユニットのネジ部の寸法を計測してみる。
まずは、最も太い「根本」部分。

Dsci0257

9.96mm。(実際には10mm未満)

次に先端部分。

Dsci0260

9.57mmとなっている。要するに先端から根元に向かって少しずつ太くなって
いっている。するとメス側のネジ山に対して最も密着できるところからしっかり
と締め付けられる・・ということになる。これがテーパータイプの良いところ。
なんだけど・・これがクセもので・・規格がややこしい。

国内は、ほとんどが「PT(R,Rc)」のはずなんだけど輸入品や海外製品にはいくつか
の規格があって代表的なのが「NPT」という米国規格。ヨーロッパには「BSPT」
という規格がある。こちらは「PT」と互換性があるらしいが実際にはお目にかかった
ことがないのでよく分からない。

ネジにはいろいろな規格があるのでとてもややこしい。
ストレートなネジを「G」という呼び名で表すようになっている。

V-maxのユニットの場合は、「1/8PT(R)」と覚えておくといい。
無理に「NPT」のセンサーをPTの「メス」に力任せにねじ込む!!なんて
ことはしない方がいい。ネジ山がつぶれかねないし、水漏れの原因に
なるかもしれない。

ラジエーターそのものの話ではなかったなあ・・

一年の「締めくくり」が「ネジ」の話になってしまいました。

ネジ締めて

  気を引き締めて

       年閉める

続きを読む "V-max 寒くなってきたので「熱い」お話・・ ラジエーターをよく見てみる" »

2019年12月19日 (木)

鳴らなくなったホーン ついでに交換

ホーンボタンを押すと‥「・・プスッ」っと・・
鳴らない((+_+))

ということで取り外してみる・・

Dsci0218

めったに使わないので鳴らなくなっことさえ気づかなかった・・

「・・パフッ」・・「・・ポスッ」・・・反応するものの・・

そこで調整してみる。裏面に「アジャスター」があるので適当に
左右に回してみる。

Dsci0220_20191218235901

本来は「高音・低音」の調整に使用するんだけどビビリの感度
を調整するためのものでマグネットが弱くなった時などに調整
することで音域を保つためのもの。ズレが出ているときにも有効
になることがある。

音が出るようになったんだけど・・古いし‥デカいし・・音が
気に入らなかったのもあるしで・・結局のところ

交換(^O^)/

こんなやつに・・

1912172037444_20191218235101

かなりコンパクト・・音質もまったく違う・・

以前のは「バァフォーン」ってかんじだったけど・・今度のは
「ビャーン」って感じ・・ってわかるかいな・・そんな説明で‥

まあ安かったのもあって左右ともに交換した。

19121720374024_20191218235101

まあ・・ほとんど使わないからいいんだけどね。

みなさんのホーン・・鳴ります???
確かめてみて(^^♪

続きを読む "鳴らなくなったホーン ついでに交換" »

2019年12月17日 (火)

今年が終わらないうちにデフオイルの交換

ドライブシャフトオイル YAMAHA純正をAMAZONさんから。

1912172037401

V-maxの場合には、200mlなんだけど私は「メタルコンディショナー」
というものを追加するので少し少なめに190ml。

「IXL(イクセル)」というメタルコンディショナーを5%入れる。
なので10mlぐらい。
1912172037402

1912172037405

さっそく抜いてみます。

1912172037409

するとまあ・・けっこうな汚れですなあ~

19121720374012

ドレンのキャップの先端についているマグネット付近は特に
汚れがひどい・・

キャップ類は丁寧にパーツクリーナーで洗浄します。

しっかりと抜いてからドレンキャップを閉めオイルを注ぎます。

19121720374021

ホントは中をフラッシングしたいんだけどなあ。
しかもホントはオイルシール(パッキン)も交換するのが
最も有効な方法。今回はひっくり返しただけ・・ちと
雑になってしまったな・・

数十kmほど走ってからすぐにもう一度交換というのもありかも。
やらないけど・・

これでまた少し「走る気モード」に近づくかな。
世の中寒くなってきたけど‥

エンジンオイル同様気を使わないといけないのがこのデフオイル。

みなさんもできる限り早めに交換しましょう。オイルシールもね。

 

 

 

続きを読む "今年が終わらないうちにデフオイルの交換" »

« 2019年11月 | トップページ

無料ブログはココログ