フォト

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

ツー仲間たちのカスタム

  • 20150823_008
    日頃一緒に走っている仲間たちのカスタムしたマシンです。

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

« ダムの貯水率が危ない!!状態。 | トップページ | 電線について考える 実際に比べてみる »

2019年7月18日 (木)

電線について考える 太さに気を取られないように

表題の「太さに・・」とは、身の回りにある「ビニール電線」のビニール込みの太さのこと。
一般にいちいち電線のビニールを剥いで中を見ることはまずないだろう。

家庭用なら100V以上に耐えられる規格のものが使われている。250V以上だったり600V以上
だったりとさまざま。気にしたことはまずほとんどないはず。

一方、バイクや自動車、トラックといったら12Vか24Vが主流。ほぼそれしかない。
いわゆる「低電圧」といわれるもの。
しかしながら使われる電装品は、けっこうパワーが必要なものがあったりする。
ヘッドライトは、1個60W以上で自動車だと2個だから120Wを超える。
電動ファンもけっこうなパワーが必要。ヒーターを使っていたりもする。
スターター用のモーターもかなりの出力が必要だ。
「電圧」が低い・・・ということは、その分「電流」をたくさん流してあげないと
電装品は機能しないということになる。そして、けっこうな電流が流れることになる。

この低電圧向けに作られているのが「自動車用低電圧肉薄電線」だ。
その名の通りで、自動車用であり低電圧用であり、肉が薄い
ここで言う「肉」とは、「絶縁被膜」のこと。そうビニールのこと。
ビニールの厚みが薄いということを言っている。

取り回しがよくなければならず、たくさんの回路を集めるとけっこうな量に達する。
できる限り「細い」方がよい。しかし、電線の導体が細いと「抵抗」が上がり流れ
づらくなる。「太い導体」「薄い絶縁」が好ましい。

そのためのものが「自動車用低電圧肉薄電線」ということになる。

一般的にこの電線を規格・仕様によって「AV」もしくは「AVS」と呼んでいる。
「AVS」よりさらに肉薄な「AVSS」というのも存在する。

当方で作成の「ハザードユニット内臓スイッチ」や「強制ラジエーターファンス
イッチ」などにこの「AVS」の0.5sqを使用している。許容電流は、12Aもあり、
一般の同じ0.5sqの電線よりも許容が大きい。12Aとは、一般の140W以上の電装
品に使用できる。といってもあくまでも理論値なので80W-100W程度を最大の
目安にしている。

使用している理由としては、予期せぬ電流が流れることを想定していて、トラブル
を防ぐのが目的。
許容電流もさることながら「耐熱温度」もとても重要で、家庭内とはまったく環境が
異なるなかでの使用は、とても過酷で悪条件であるから、そのことも考慮して配線し
なくてはいけない。

電線の「太さ」は、あくまでも流れる「導体」の太さで決まる。
ビニールの太さではない。

 

1_20190718164101

家の中に転がっていた「古い電線」なんかを使って自動車やバイクの電装品
を取り付けるなんてことは、絶対にやってはいけない。劣化や破損によって
トラブルが発生する可能性が高い。十分注意しましょう!!

 

 

 

« ダムの貯水率が危ない!!状態。 | トップページ | 電線について考える 実際に比べてみる »

V-max カスタム電装系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダムの貯水率が危ない!!状態。 | トップページ | 電線について考える 実際に比べてみる »

無料ブログはココログ