フォト

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

ツー仲間たちのカスタム

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月に作成された記事

2018年9月29日 (土)

ある衆議院議員のヘイトスピーチについて

ちと堅ぐるしい話題ですが・・
自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック選出)のヘイトスピーチ
が問題になっているがそもそもよく分からないのが「LBGT」と4文字で表現す
ることからして疑問に思う。誰が何のためにその表現を始めたのか・・

議員の言う「生産性が無い」というまったく根拠のないような、あったとしても
こじ付けてるとしか思いようのないような発言は、あまりにも稚拙で許しがた
いものに感じる。

「子供が作れないから」とか発言したそーな・・いやいやバイセクシャルなら
可能でしょ。
「養子」だってみんな可能でしょ。「精子」をもらったりしても妊娠できますよ。
代理出産の道もある。法的にはわかりませんが。日本の法律の問題よりも
この発言は世界中に発言したも同然なのだから「子供が作れない」などという
ことを理由に「生産性」を言うというのは軽はずみすぎるし、呆れてしまう。

だとしたら、たまたま意思に反して何らかの理由で「妊娠が出来ない」人、「障
害者」の人たちも同じ扱いにしたいのか・・価値観から「子供は作らない」と決
めた夫婦も「生産性」が無いと言ってしまうのか・・単に4文字のアルファベット
だけで片づけられるものではなくなるはず。

「生産性」が低下すると年金収入が減るから国が困るとでも言うのか・・

「年金」の不足は、本来大昔にこの制度を作り上げた当時の政治家の計算
ミス・見込み違いによるものなんじゃないのか。だとすれば、現在の「頭のい
い、立派な」政治家さんたちがこの問題を解決すべきであって、それを「LBGT」
のせいにするとはなんと愚かな議員様なんだろうと思う。

最近は、テレビでタレントとして活躍している「オカマちゃん」系のタレントさん
たくさんいるよね。いろんな意味で話題を作り出すし、楽しませてくれる。本や
雑誌でも活躍するし、さまざまなことで話題を作り出してくれる。これって別の
意味で「生産性」が高いと言えるんじゃないの??

確かに「少子化」問題が将来の年金制度の課題に大きく影響するだろうという
のは予測できる。
でも「LBGT」は最近の「言葉」であっても大昔から存在したんだよ。最近はみ
んな勇気をもってカミングアウトして数が表面化してきているだけで最近始まっ
たものではない。
ここで大きくその議員の言う「生産性」が無くなってきているものではない。
もっと言えばそこに「生産性}などという言葉を投げるのがおかしい。

多くの人がカミングアウトしていろいろな情報が集まり、「コミニティ」ができ、
新しい仕事・職業が生まれてくる。法律をどーにかしようとか、医学的に解明
しようとか、カウンセリングしようとかさまざまな環境作りや専門家が表れ、いろ
いろな活動が始まっていく。ヘイトスピーチしかできない議員なんかよりも大き
な「生産性」「経済効果」があると言える。

その議員さんに言いたのは、「他人がどうの」・・という前に「自分の議員として
の力量」を確かめたうえで今後国がどうすべきなのかという「前向き」な「提案」
をして欲しいものだ。

こんな議員に「税金」の中から「報酬」を与えること自体が「生産性」の低下と言
える。

国が何らかの補助金を予算立てするのであればそれなりの調査の結果として
の根拠の上に立って支給するのだからもしその根拠そのものに意義をいうの
ならいいとして話をすり替えて別の角度から批判するというのはいかがなもん
だろうか・・

家庭を作り、配偶者として認め合えれば「夫婦」として認めたうえで「配偶者」と
しての何らかの控除・権利が受けられるように一般の夫婦と同様の権利を与
えることが出来るのが公平な社会ではないだろうか。

別の形での補助金などの支援をすることが行き過ぎだとは一言では言えない
と思う。

人間は「ひとり」では生きていけないのだから家族・家庭を築き、それを糧(かて)
として支えとして社会の中で必死に生き抜いていけるようにするのが文化的な
社会の在り方なのではないか・・

「働かぬもの食うべからず」・・・これは言えると思う。(働くことが出来る条件下
にある人のこと)そして税金を支払い、法を守る。そのためには幼い時に学び
社会性を身に着けることを義務付けるということをみんなが行えばよいので
あって、生産性だけで公平性を正すことは無理が

あるだろう。

一人一人の個人の価値観と国の財政問題をまとめていうのならどこかの大
国が実施した「一人っ子」政策の逆の「複数っ子」政策でも法律で決めて強行
すればいい。まっ無理だろうけどね。何も出来ない無能な議員さんにはとっと
と消えてもらってこれからの社会をどうしていくかを「現実」を理解したうえで
提案できる人に代わって欲しいものだ。

続きを読む "ある衆議院議員のヘイトスピーチについて" »

2018年9月21日 (金)

悪性リンパ腫 骨髄移植 GVHD の方へお伝えしたいこと

あまりネガティブなご報告はしたくなかったので控えていたのですが現在
「悪性リンパ腫」の方、または、これから「骨髄移植」を行う予定の方、
「GVHD」になった方のためにお伝えしておいた方がよいかと思いご報告
いたします。

現在私は、「角膜潰瘍」という目の病気になっています。右目の角膜に
「潰瘍」が出来てしまい、表面が一部「剥離」している状態です。
原因は、「ステロイド剤」入りの「目薬」による「副作用」とみられ免疫力が
低下していたところに菌が入ったのではないか・・ということらしいです。

もともとその目薬を挿していた理由は、「ドライアイ」によるもので2年ほど
付き合ってきました。他に「ヒヤルロン酸」の目薬や「ムコスタ」という牛乳
のような目薬を日々挿していました。

「ドライアイ」は、「GVHD」によるもので、そのために服用していた「ステロイ
ド剤」の影響によりそうなっていたものです。

「GVHD」は、「骨髄移植」によって出てきたもので長い付き合いを覚悟しな
ければならない症状です。

「骨髄移植」は、「悪性リンパ腫」に対抗するためにドナーさんを探していた
だき2014年の秋に移植しました。

「悪性リンパ腫」 - 「抗ガン治療」+「放射線治療」 - 「骨髄移植」 - 「GVHD」 -
「ステロイド剤服用」 - 「ドライアイ」 - 「ステロイド剤目薬」 - 「角膜潰瘍」
といった順番でした。

「免疫抑制剤」も服用していたため一般の方とはかなり免疫力に差があり
なかなか自分の治癒力だけではGVHDを克服できなくなっているところに
血液とは違う病気になってしまった・・ということです。

少しでも気を抜くと思わぬことになってしまい、いささか面倒なことになって
しまいます。

「免疫力}というとは、日々の生活、心がけでかなり改善されるもので医師
の指示にきちんと応えるだけでなく、清潔かつ丁寧な生活を心がけていれ
ばある程度の問題を避けられます。

私は、それを「怠った」と言えるでしょう。調子に乗って気を抜いてしまった
ために「角膜潰瘍」になってしまったのだと反省しています。
「角膜潰瘍」は、最悪「穴」が開いてしまい、目の中の「水分」が涙のように
流れ出てしまい、最悪な場合は「盲目」になってしまうという危険性がある
そうです。とても怖い症状です。

みなさんがそうなるものではありません。以上のことは、あくまでも私の身
に起きたこと。このようなこともあるのだと心しておいてください。

清潔に 丁寧に 確実に 柔らかく
静かに 無理せず 無茶せず 頑張らず!!

たくさん大変ですけど現代医学は目覚ましいもので期待できます。
しっかりと受け止めて前向きに生活していってください。

「病は気から」です。

2018年9月14日 (金)

海よ 祈りの海よ 波の声響く空よ ダイナミック琉球

暑い夏を最も盛り上げてくれたのは「秋田県 金足農業高校」の球児たち
だったといえるだろう。多くの感動と涙をもたらしてくれた。ありがとう!!
そんな甲子園を盛り上げるのは球児たちだけではなくアルプススタンド
の応援団だ。
目立ったのは「ダイナミック琉球」という歌。とても心に響く。沖縄らしい
メロディと歌詞は、なにやら心を熱くしてくれる。
-----------------------------------------------
      ダイナミック琉球

                      作詞:平田大一  作曲:イクマあきら

海よ 祈りの海よ 波の声響く空よ
大地踏み鳴らし叩く 島の太鼓(てーく)ぬ響き

海よ 祈りの海よ 波の声響く空よ
大地踏み鳴らし叩く 島の太鼓ぬ響き

風に吹かれて島を歩く 夢に吹かれて海を渡る
月に吹かれて涙を流し 罪に吹かれて明日を想う

見果てぬ夢は 奏でてる想い 問いかける未来 走るあの空へ
----------------------------------------------------
この歌をアカペラでしかもソロでスタンドから歌い上げる応援団員。
大きな声で声がかすれるまで歌う姿は、私が無くしてしまったものを
思い返させてくれるようなとにかく感動的な歌だ。
なんて青春とはすばらしいのだろうかと涙が込み上げてきた。
きっかけは、昨年2017年に沖縄出身の選手があの名門仙台育英
高校に進学をしてスタンドからソロで歌ったのが最初らしい。
そして今年は、沖学園や優勝した大阪桐蔭も採用した。
「琉球」をテーマにしているとはいえ県を超えて歌われる応援歌は
グランドの選手たちにどう響いたのだろうか。
甲子園 感動をありがとう!!

福岡県代表 沖学園

大阪代表 大阪桐蔭

宮城県代表 仙台育英

オリジナル

« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »

無料ブログはココログ