フォト

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

ツー仲間たちのカスタム

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

« LEDの最新技術「CSP」について学ぶ | トップページ | V-max ツー仲間の供養ツーリング 唐津・鹿島 »

2017年12月13日 (水)

LEDの進化 ヘッドライトの進化 CSPの今後

「CSP」とは、ある一定の企業名ではない。さまざまなチップへの新しい
技術の導入であり、半導体技術の進化系である。

前回の記事 「LEDの最新技術「CSP」について学ぶ」

「CSP」製だからと言って必ずしもその製品が「優秀」とは限らない。
製品の中に取り入れた「CSP LED チップ」がどのような工程でどこで
作られ、どんなQCを経て目の前にあるのかが問題になる。

その点一流メーカー名をしっかりと「掲げた」製品はとなるとそのメーカー
のプライド・能力を問われるのだから半端なものは出荷できない。

「一流メーカー」の「CSP」となるとそれなりにかなりの「信頼」を寄せて
もいいだろう。
ただし、価格はいったいどのようになっていくのかが気になるところ。

さっそく「CSP」LEDチップ搭載のH4タイプ ヘッドライトを耐久試験のため
に2ケ月ほど前に仕入れてテストを実施してきた。
結果としては、十分に満足できるものでこれは次世代ヘッドライトとして
注目を集めていくことになると確信している。

Dscf1318

消費電力は、Hiビーム、Lowビームともに同じ25Wであり以前のものと
比較してもかなりの低消費となっている。いささか驚きだ。

バッテリー 11Vのものを用意。

Dscf1332

Lowビーム 10.7Vに電圧降下 1.2A  ということは13.2Wとなる。

Dscf1337

続いてHiビーム 同じく電圧降下するものの 1.2Aと同じ

Dscf1336

肝心の「明るさ」は、以前の3000lm(ルーメン)を大幅に超えた4000lmまで
に達している。LEDヘッドライトも4Kの時代に入ってきた。(^o^)

大きさは、「ファンレス」にも関わらずフインが大きくなっていなくてまったく
と言っていいほど従来のものと変わらない。
狭いバイクのヘッドライトケースになんなく収まるサイズになっている。

色温度は、6500K(ケルビン)のものを選んだ。ほどよく涼しい「白」だ。

Lowビーム側の発光点には、お約束の「遮光板」がついていてグレア
防いでくれる。

20171213_16_52_29

もっとも恐れている「自己発熱」も驚くほど高くならず、安定した温度
とどまる。
LEDの本体のフィンの表面温度は、約71度まで上昇するがこれ以上には
ならない。

Dscf1324

ケースやガラスの温度も高くならない。とても安定している。というよりとて
も低い

Dscf1328

Dscf1330

HIDの時代は終わってしまったのか・・

CSPの発展にアジア企業が寄与してもらいたいものだ。

コストパフォーマンス = 大量生産 = それなりの需要

これこそがCSPの辿るべき道筋なのだと思う。



« LEDの最新技術「CSP」について学ぶ | トップページ | V-max ツー仲間の供養ツーリング 唐津・鹿島 »

HID他いろいろな光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199685/72447377

この記事へのトラックバック一覧です: LEDの進化 ヘッドライトの進化 CSPの今後:

« LEDの最新技術「CSP」について学ぶ | トップページ | V-max ツー仲間の供養ツーリング 唐津・鹿島 »

無料ブログはココログ