フォト

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

ツー仲間たちのカスタム

  • 20150823_008
    日頃一緒に走っている仲間たちのカスタムしたマシンです。

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月に作成された記事

2015年12月29日 (火)

追悼ツー 仲間を送るために

先日逝った友人の供養と思って走ってきました。

20人近くも集まってくれました。急なことだったので仕事や用事で来れない
人も多かったようでそれは仕方がなく、走れるメンバーだけで走りました。

喪章と故人の笑った顔写真を全員に渡し、一緒に走ってもらいました。

思ったよりも気温も高くて走りやすかったです。

唐津市の鏡山に集合。

Dsc_02011

Dsc_01981

Dsc_01991

まさに「友愛」です。

あいにく霞んでいます。PM2.5・・・

Dsc_02031

天気がよくて良かったです。まずは、黙祷を捧げました。

Dsc_02111

全員集合!!

Dsc_02051

少しでも供養になってくれればと願います。

さよなら、友よ。・・・・・・・・・・・・・合掌

さよ姫が手を振ってくれたような気がします。

Dsc_02021


ドーベルマンを高級化してみた・・・ステッカーの話

カーボン調にしてみました(^o^)

P1210976

小さいのはスマホに貼るのを想定しました。

P1210977

カーボン調が少し高級感(^o^)

P1210978

LEDヘッドライト テスト終盤 HIDに随分近づきました!!

P1210895

なかなか画像ではお伝えにくいのですが、LEDヘッドライトです。
夕方点灯しています。周りはけっこうまだ明るいんです。

P1210899

重要なのは当然明るさなんですが、「耐久性」が次に重要ですねー。
連続点灯テストを行いました。もちろん熱くなりますが、不安定な状態には
なりません。

前回のLEDヘッドライトは、「3面」式でした。しかもコントローラーが外付け
でしたのでそれなりに体積を必要としていました。

今回のは、一体型「2面」式です。なかなか面白い構造なんです。
コンパクトで、取り付け簡単!!だれにでも出来ます。加工イラず!!
HIDによくある「遮光板」を導入しているタイプなんですが、HiとLowの負荷
分散をうまくやってくれるので取り扱いし易いものとなりました。

COB型LEDという点は、昨今のLED事情をそのまんまという感じでは
ありますが、やはりCOBが現時点では最強でしょう。

年明けにリリースの予定です。

年が去りゆく時 友が去り 時が去り 新たな年を迎えようとする

極寒を感じぬまま新しい年を迎えようとしている・・

友との別れの儀式を終え、去りゆく時を記憶として残して時が去る・・

惜しむ間もなく普段の生活を強いられ、己の儚さを戒めぬまま受け入れる・・

さして変わらぬ生活・慣習の中、平凡に生きていくことになる・・

気持ちを切り替えなければならず、でなければ淀んだ空気を一層できない・・

さてさて・・そろそろ深呼吸をして、俯いていた首部(こうべ)を上げてみよう・・

わたしは、まだ生きていなければならない。

2015年12月22日 (火)

人は儚い 言い残したことが多くあるような気がする

ひとりの仲間が先週逝った・・

60歳という年齢で、歳でもないが若くもない・・
V-maxが好きで、他のバイクはバイクじゃない・・とまで言っていた・・

残ったV-maxは、次男が受け継ぐことになった・・

近年、糖尿病と白内障に悩まされていた彼は、食事や生活を摂生する
こともなく周りの意見を取り入れず生きていた・・

明るく元気でいつも気を使い、周囲を盛り上げることが好きだった・・
世話好きで、すぐにお節介を焼いてしまう・・そんな性格だった・・

儚くもその生涯を終え、我々の前から姿を消した・・・あっという間の
ことで、なんら心の準備も出来ぬままにその事実を受け止めなければ
ならず、驚きで涙も出なかった・・

部屋にはツーリングの時の写真が貼り付けてあったそうで、とにかく
バイクが好きだったことを頷かせるほど大量に貼ってあったそうだ。

自らの過去や生活感については普段あまり触れることがなく、内面に
ついてを多く知る人は私の周囲にはいなかったように思える・・

もう一度会えるとすれば、多くのことを伝えたいと思うのだけど、こればか
りは願いもかなわず誠に残念としか言いようがない・・・

次の日曜日に仲間と追悼の意を込めて、走行会が行われることになった。
賑やかなのが好きだった彼のために騒がしい時間を過ごそうと思う。
さよならは、その時に言おう・・

だだ、冥福を祈るばかりだ・・・      合掌








« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

無料ブログはココログ