フォト

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

ツー仲間たちのカスタム

  • 20150823_008
    日頃一緒に走っている仲間たちのカスタムしたマシンです。

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

« 男のロマン 腕時計 の収納ケース | トップページ | 九州もそろそろ猛暑になるのかなあ~ エコなクーラー »

2015年7月21日 (火)

電圧と電流 12Vといってもバカにできない。

バイクや車はほとんどが直流12Vのバッテリーを使っている。大型の車が
24V。

Index

12Vといえば乾電池8個分という電圧だ。

Photo


家庭用は、交流100V。一部 IH なんか引いている家庭では200Vもあったり
する。

大きなバイクや車をたったの12Vで制御しているわけなんだけど、乾電池
では容量が不足するので大きなバッテリーを積み込むことになる。

車体の中で電気を流す「電線・ケーブル」を見てみるととても「太い」線
使っている。LEDなんかは、とても細い線でよいが。
メインヒューズの近くの「電線」を見ると大人の指ほどのぶっとい線が使わ
れている。LEDで使うような「細い」線ではない。大電流が流れることを想定
している。

222000847195

LEDもヘッドライトもエアコンもステレオも全部12Vなんだけど「線」の太さ
がそれぞれ違う。これは、単に「流れる」「電流」の大きさの違いだ。

Hid

60ワットの電装品があったとする。12Vの時、単純計算では5A(アンペア)と
いうけっこうでかい電流が流れる。
仮に100Vが掛けられるものと仮定すると(直・交流は無視)0.6Aの電流しか
流れないということになる。

小さい電圧に大きな電流・・・かたや大きな電圧に小さな電流ということ。
消費する段階で「電流」値は決まる。使われる電力量が同じであっても
それぞれ異なってくる。(電圧が一定の場合)

LEDは、単発で20mA・・0.02Aしか流れない。それだけしか消費されない。
10個で0.2A、100個で2A、5Aにするためには250個必要だ。
(実際には、直列・並列の問題と流れる段階における電圧降下などにより
もっと少ない電流値を示す)

26

バイクや自動車の場合、オルタネーター(ジェネレーター)が回るか回らない
かによって20%ほどの変動があるので、最大かかる電圧15V未満およそ
14.4Vを最大と考えてその範囲内で電装品を取り付けることになる。

製品にもよるが「電圧」を一定に保つように作られているケースが多くて
そんなに神経質にならなくてもいいのだが、場合によっては「電圧」が下が
り過ぎて「電流」値が上がるという現象もあったりする。

よく冬場に経験する「静電気」は、2000V~3000Vもある。チクッと痛みを感
じるが、死ぬことはない。流れる「電流」値がとても小さいからだ。
「帯電」していた「電気」が一気に流れることで感じる。流れ終わると何も感
じない。流れる「電気」が無くなったからだ。

3470989981_9cf358855e_z

家庭用の100Vは、電力会社が一生懸命発電機を回し続けているので長時
間触っているととても危険だ。ずぅっと流れ続ける。リミッター(ブレーカー)が
切れるまで。

「電圧」は、水道管の中の水に例えてみると「流れる速さ」といえる。
「電流」は、水道管」の「太さ」そのものだ。
水道管の出口での「消費」の仕方によって絶対的に流れ出す「水」の量が
決まる

安全に使用するためには、「太い」線にゆっくりと圧力を掛けるのがよい。
バイクのようにシャーシーが屋外に露出しているものは特にこの安全性
を考慮すべきだ。

「細い」線に、たとえLEDとはいえ1000発も2000発も繋いでしまうと細い線は
電流に耐え切れずに「燃え尽きて」しまう。出口に向かってたくさん流れよう
とするからだ。

バイクの電圧がたとえたったの12Vと言ってもバカにできないのだ。
LEDだからとはいえ、取り付ける数によっては、白熱球を超えることにもなり
兼ねない。

とにかく注意して、取り扱いましょう!!
一番は、「絶縁」、次に「線の太さ」そして取り付ける「数」をよく考えて取
り付けましょう!!

























































« 男のロマン 腕時計 の収納ケース | トップページ | 九州もそろそろ猛暑になるのかなあ~ エコなクーラー »

V-max カスタム電装系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電圧と電流 12Vといってもバカにできない。:

« 男のロマン 腕時計 の収納ケース | トップページ | 九州もそろそろ猛暑になるのかなあ~ エコなクーラー »

無料ブログはココログ