フォト

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

ツー仲間たちのカスタム

  • 20150823_008
    日頃一緒に走っている仲間たちのカスタムしたマシンです。

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

« HID考 純正HIDの比較 D2R D2S D2C D4R D4S D4C の違い | トップページ | V-max 大分 竹田方面 ぐるっとツーリングに10台で!! »

2013年10月19日 (土)

HID考 バーナーのソレノイドの落とし穴 不点灯の原因のひとつ

HID H4タイプのバーナーに限っての話・・それもバーナーそのものではなく
Hi/Lowを制御するための「ソレノイド(電磁石)」の仕様の話題だ。

次の画像のバーナーは、よくある「一般品」「廉価版」のバーナーである。
スライド式のHI/Lowをおこなう。35W 6000K用。(黒い部分がソレノイド)

Photo_2

ソレノイドに電流が流れていないとき、要するにLowの時は、内部のバネ
によって、押し出されているので、Lowを維持する・・というより何もしない
状態だ。ソレノイドに負荷はかからない。

一方次は、「パルス式」と言われるタイプのソレノイドを持つバーナー。
同じく、35W 6000K 用だ。一見このふたつはデザインこそ違うものの同じ
機構・仕様を持つバーナーに見える・・・ところがぜんぜん違うのである。

Venush4_2

下の「パルス式」と言われるものは、その名の通り「パルス」によってHi/
Lowを切り替える。

一方「上」の「一般品」は、「切り替え」のではなく、「Hi」に切り替えた後、
Lowにバネによって勝手に「戻る」のである・・・なんだ!!同じじゃん!!
思うだろう。

ぜんぜん違う互換性が無い!!何の互換性か!!
切り替えコントローラーのである。
・リレー付電源ケーブルの場合 「リレー」の内部機構が違う。
・リレーレスの場合 リレーレスケーブルについているコントローラー
内部が違う・・ということになる。

何が言いたいのか・・というと。現在「一般品」が装着されているHIDの
バーナーだけを交換しようと考えた時、次も「一般品」でなければならない。
一般品バーナー用のリレーまたは、リレーレスに「パルス式」を付けても
Hi/Lowの切り替えがうまく行かないということになる。
もちろん、その逆も同じである。

ショップかどこかでHIDを取り付けたのちに「故障」や「色味変更」のために
バーナーだけを交換しようと交換しても仕様があわないと困ったことにな
る。

もちろん、リレーもしくはコントローラーも同時に購入するのであれば問題
ない。

でわ、自分のHIDのバーナーが果たしてどちらなのか「分からない!!」
いう方!!簡単に調べる方法があります。

まず、HIDを点灯させ、ハイビームにします。そのままの状態でヘッド
ライトをOFFにします。この時にバーナーのガラス管が、元の「Low」の
位置に勝手に戻れば「一般品」、Hiを維持したまま(引っ込んだまま)で
あれば「パルス式」と言うことになります。

さて、どちらがよいのか・・ハッキリ言って「パルス式」がよい
なぜなら消費電力が小さく、「不点灯」を起こしづらくなる。
最も、バイクの場合には、ほとんど「Hi」にしないのであまり気にしなくても
よいだろう。

「不点灯」を繰り返す車両において、バーナーを「パルス式」にしただけで問
題がなくなる
というのは、十分に考えられる。一般品のソレノイドの消費電力
はひとつ当たり6W前後あり、左右で軽く10Wを越える。これが原因で不点灯
を起こすことは、十分にあり得る。

パルスとは、「フラッシュ」と考えればよい。「一瞬」だけ電流が流れ、切り
替えを誘発する。一方「一般品」は、電流が「流れっぱなし」ということにな
る。(Hiの時)

よって、「パルス式」の方が、不点灯にも、バッテリーにも対策として向いて
いるということになる。

単なる「Hi/Low」切り替えの中にも「技術」の違いが存在する。

みなさんの中には、いないだろうか・・
バーナーを取替えたけど・・せっかく取り替えたのに「Hi/Low」しなくて困った
という方・・・もしかして以上が原因だったのかもしれない。

バーナーを交換する時は、

      現行品をよく調べて、

                次を購入しましょう!!

P1080279s

LEDヘッドライト

« HID考 純正HIDの比較 D2R D2S D2C D4R D4S D4C の違い | トップページ | V-max 大分 竹田方面 ぐるっとツーリングに10台で!! »

HID他いろいろな光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HID考 バーナーのソレノイドの落とし穴 不点灯の原因のひとつ:

« HID考 純正HIDの比較 D2R D2S D2C D4R D4S D4C の違い | トップページ | V-max 大分 竹田方面 ぐるっとツーリングに10台で!! »

無料ブログはココログ