フォト

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

ツー仲間たちのカスタム

  • 20150823_008
    日頃一緒に走っている仲間たちのカスタムしたマシンです。

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

« たとえ世紀末になったとしても、私には買えない・・ | トップページ | XJR 茨城県 H様 のイエローXJR1200 ナイスです!! »

2013年8月 3日 (土)

自動車のヘッドライトをHIDに交換してみよう!!の巻

バイクよりとっても簡単な車のヘッドライトの交換をしてみましょ。
ヘッドライトの交換といえば、HIDということになります。

今回は、
「Let's (レッツ)HID」というブランドのHIDキット(セコハンやイエローハット
、オートバックス、タイヤ館などで販売されているもの)
HID 35W HB4 6000K(シングルバーナー リレーレス ロービームのみ)
の交換について。

随分以前の話題だったんだけれど、とりあえず記事にしてみようかと・・

先にお伝えしておくと、このHIDは、とても電圧降下に強くて、バッテリー
が少々弱っていたり、充電不足時でもきちんと着火・点灯してくれる。
リーズナブルで、庶民向けのHIDだ。決して50,000円以上もするHIDに
引けをとらない
ものです。

我が家の車は、それはそれは古い車で、「トヨタ カローラスパシオ」の
2000年式ぐらいのモデルで、走行距離は、なんと既に10万を越えていて
130000Km以上走っている。こんな車をいまさらHIDにしても・・と思いつつ
も、仕事の関係上必要に迫られての交換となってしまった(^◇^)

まずは、「エンジン」を切っておく(ー_ー)b (^◇^) 当たり前か・・
次にボンネットを開ける(ー_ー)b これも当然か・・

確認!!

Photo

スパシオは、いわゆる4灯式(ヘッドライトバルブ)が4個付いている。
一般的にHIDに交換する場合は、「ロービーム」だけでよい。
もっとも、予算に余裕があって、ボンネット内部に取り付けられるスペース
があれば、「ハイビーム」側もHIDに交換してもよい。

ニ灯式の場合は、バイクと同じ「H4」というタイプが主流。これだとハイ/ロー
を一度に交換することが出来る。

ちょっとその前に・・・
ボンネットを開けると、他にウインカーやポジション球も確認できる。
ポジションとは、一般的に「スモールランプ」と言われるものでスパシオの
場合には、T10ウェッジ球が使われている。
こちらが、そのT10ウェッジ球。

T10

これは、市販のウェッジ球LEDと交換してしまう。なぜなら、ハイビームは、
めったに使用しないからいいけど、ホジション球は、ロービームが点灯し
ている間は、同じケース内で、一緒に光ったままになってしまい、HIDの
ロービームの色とこのポジションの色をほぼ同じ色にしないとちょっと
カッコ悪いことになってしまうからである。

T10led

この手は、だいたい6000ケルビンという色温度の物が多い。今回のHID
の色温度も6000Kなのでだいたい合うだろう。こんな色合い。

T10led2

さて、HIDの方にいこうかな・・・
スパシオのロービームのバルブ形状の規格は、「HB4」といわれるよくある
タイプのバルブだ。まずは、このバルブを抜くことになる。
バルブ全体をつまんで、左方向へ回すと取れる。

Hb4_1

純正のハロゲンバルブを抜いて、今回のHID HB4 シングルバルブを車体
側のコネクターに挿す。接続は、こんだけ!!いわゆる「リレーレス」といわれ
るタイプのHIDだ。ポン付けである。

Hb4_2

もしも接続できない場合には、型式を間違えたということになる。

次に、バーナーの高圧線ケーブルをバラストに繋ぐ。正確には、バラスト
についている「イグナイター」に接続する。

このイグナイターは、家庭の蛍光灯のグロー管のようなもので、スイッチ
が入った瞬間だけ「23000V」の高圧電流が、「ポン」と流れ、バーナーに
着火させる役目を果たす。その後は、40V以上の電圧が、常時バラスト
から供給され、「炎」が点灯したままの状態が続くことになる。
このコネクターは、KTコネクターという、一般コネクターよりも高性能な
高級コネクターを今回のは、使用している。

Hb4_3

バラストは、セット内に付属の金具を使って、安定した場所に固定する
ことになる。どこでも良いが、他の部品と干渉しない場所を選ぶことが
とても重要だ。

とりあえず、先に着火テスト!!

Hb4_4

点灯したら、固定していく。場所選びが、けっこうたいへん。
バーナーの交換よりもこちらの方がたいへんだ。
まあ、適当な場所に固定する。

Hb4_5

抜いた純正バルブは、用心のため、車内に
予備として保管しておく。必ず!!

Hb4_6

配線の取り回し、固定などを念入りに行う。振動などで落下しないように
しっかりと固定すること。

さて、これで、古~い車が、ほんの少しだけ、近代の車に近づいたような
気がしてきた・・・俺だけかな(;一_一)

見通しの良い走行が、これで行えることになる。
少し安全運転につながるかな。

Hid

あと、6000ケルビンに近づけたいのが、ルームランプだ。
純正の暗いアンバーな色よりも、アーバンな白色が、違うムードを感じ
させてくれるはず。

2

是非、みなさんもこの夏の間に、涼しい6000ケルビンの色合いをお楽しみ
ください。


LEDヘッドライト

« たとえ世紀末になったとしても、私には買えない・・ | トップページ | XJR 茨城県 H様 のイエローXJR1200 ナイスです!! »

HID他いろいろな光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動車のヘッドライトをHIDに交換してみよう!!の巻:

« たとえ世紀末になったとしても、私には買えない・・ | トップページ | XJR 茨城県 H様 のイエローXJR1200 ナイスです!! »

無料ブログはココログ