フォト

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

ツー仲間たちのカスタム

  • 20150823_008
    日頃一緒に走っている仲間たちのカスタムしたマシンです。

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

« 篠栗街道のドーベルマン の 十戒 | トップページ | V-max エンジンガードの交換 交換方法と注意点 左側 »

2013年2月14日 (木)

V-max エンジンガードの交換 交換方法と注意点 右側

ある意味、「定番」とも言える「エンジンガード」
転倒時に、エンジンを衝撃から守るためのもの。私なんかのヘタッピに
は当然、必要不可欠なものである。

Y'Sギアの「エンジンガード」をつけていたのだけれど、たまたまメッキ製
を手に入れたので、交換することにした

まずは、右側から。ご覧のとおり、「アクティブ製のサブフレーム」を付けて
いるので、共存させなければならない交換後の画像

1

まずは、既存のガードを外すことになる。

2

まずは、サブフレームのボルトを緩める。共締めしてあるためだ。

3

正面側から見てみると、サブフレームとエンジンガードがスペーサーとと
もに固定されている。というより、こうしないと固定できない。

4

ボルトを一本抜いてみる。ボルトは、M10 65mm キャップボルトが使用されて
いる。エンジンガードが無ければ、5mm短いボルトでサブフレームは固定
できることがわかる。エンジガードを重ねるため、65mmもの長いボルトが
必要だ。しかも、ここで要注意!!

6

5

一般的に、M10 は、ホームセンターで販売されているもののほとんどが
1.5ピッチのものばかりであるが、V-maxの場合は、1.25ピッチなのである。
よって、M10 65mmだからといって、ホームセンターで買ってきても締め付
けられないということになる。大きな店舗には、在庫があることがあるが
60mm 70mm はあっても65mmが無いことがある。その場合は、70mmでも
かまわない。チョット後ろ側が、飛び出ることになるけど・・

どうしても、65mmが欲しいということになれば、「ネジ専門店」や「ネット
ショップ」の「ボルト専門サイト」などで購入しなければならない。

じゃあ、そもそも「ピッチ」とは、知らない人の為に説明すると、「ねじ山」
山と山の隙間、間隔のことである。狭ければ狭いほど、締め付け力が
増すことになるが、締め付けるのに、何回もボルトを回すことになる。

M10のピッチには、1.0というとても狭いものも存在する。とても精密なボルト
となる。

ちなみに、入っているスペーサー(カラーとも言う)は、長さ20mmもの。
中は当然M10が通る径だ。

7

下側を外してみる。

81

右側を固定していたボルトは、次のとおり。

8

M10 一本とM8が二本。M8も同じ65mm長の1.25ピッチのボルト。M8は、
一般品も1.25ピッチなので、こちらは、M10ほど探すのに苦労しないだろう。
もっとも、「エンジンガード」を新品で購入したらついてくるものである。
画像のようにM8は、「全ネジ」でなくてもよい。
「全ネジ」とは、上の画像の左側のM10のように、先から根元まで全てネジ
になっているボルトを「全ネジ」という。

9_2

まったく同じものと交換するので、とっとと、固定していく。

92

93

作業自体は、いたって簡単。ボルトの長さ、ピッチ、スペーサーの長さ、太さ
に注意してさえおけば、なんなく作業はできる。

続く・・・次は、「左側」編の予定。



« 篠栗街道のドーベルマン の 十戒 | トップページ | V-max エンジンガードの交換 交換方法と注意点 左側 »

V-max カスタムその他」カテゴリの記事

コメント

>はるちゃん
「ナニワネジ」さんを知っているんだね。でも、もっと在庫に幅を持った
店がある。今度教えるよ。多分、その店には、「無いネジ」は無い。
メッキってい、おそうじ楽だよね~(^◇^)

お疲れ様です~

私もそこのボルト探すのに苦労しました、篠栗の少し先のナニワねじと言うお店を見つけてからはホームセンターに無い場合はこちらで購入してます、在庫無くても電話注文で通販も対応してくれるので助かってます(*^ー゚)bグッジョブ!!

メッキになると雰囲気変わりましたね、やっぱり光物はカッコ良いですo(*^▽^*)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: V-max エンジンガードの交換 交換方法と注意点 右側:

« 篠栗街道のドーベルマン の 十戒 | トップページ | V-max エンジンガードの交換 交換方法と注意点 左側 »

無料ブログはココログ