フォト

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

ツー仲間たちのカスタム

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

« 保護 バイクブーツ | トップページ | 継続 »

2010年8月25日 (水)

落盤

ご存じかと思うがチリで起きた鉱山の落盤事故。
地下700メートルのシェルターに33人が閉じ込め
られた。3週間前に起きたにも関わらず全員が
生きていたという。奇跡的な話し。

彼らは、少しの水と食料をほん少しずつ口に
して救援が来るのを信じて待ち続けた。
その精神力と体力に感服である。

彼らは、先に救出された仲間たちの安否を
気遣ったという。全員が助かったと聞き歓喜
が湧き、大声で喜んだのだという。
自分たちよりも仲間の事を心配していた。
すさまじいまでの仲間意識である。

家族は、救出現場にテントを張り、作業を
見守っている。細い10cmほどの管から渡す
食料や水、通信機や手紙、医薬品など。
現地では「へその緒」とよんでいるらしい。
まさに生命線の糸なのである。

チリ国民が見守る中、救出に最長4ケ月間
かかるらしい。

がんばれ、オヤジ達!!必ず生き延びてほしい。

気温34度、暗闇、高い湿度、しかも閉所。
考えただけでも気が狂いそうな環境。
何もしてあげられないが地球の裏側から
応援したいと思う。

私の父と祖父も炭鉱夫だった。
ガンコな炭鉱夫のオヤジどもは、とても
強い。決して屈して欲しくない。

地上に上がってこれたならまずおおきく
呼吸をすることだろう。たっぷりと。
上がってくるのをお待ちしています。

頑張れ~~

(58150)

« 保護 バイクブーツ | トップページ | 継続 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199685/36349432

この記事へのトラックバック一覧です: 落盤:

« 保護 バイクブーツ | トップページ | 継続 »

無料ブログはココログ