フォト

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

ツー仲間たちのカスタム

  • 20150823_008
    日頃一緒に走っている仲間たちのカスタムしたマシンです。

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月に作成された記事

2008年5月31日 (土)

Winding Road.

ワインディングロード(Winding Road)は、アメリカンバイク
には向かない。ホイールベース(前輪と後輪の長さ)が長い
ためコーナーリング特性が低いためだ。
曲がりくねった道は、バイクで走るには面白いものだが
直線を走る為に作られたアメリカンバイクではヘタすると
曲がりきれずに反対車線に飛び出すか、ガードレールに
キスすることになる。

生活は、真っ直ぐに障害なく進めるのが楽でいい。
曲がりくねった生活はたいへんなもので、できたら避けたい。
曲がりくねった道をバイクで制覇した後は、心地よく、満足
する。疲れもなく、切ってきた冷たい風もさわやかに感じる。

ところが生活が、曲がりくねっているとクタクタになるけど。
そんな生活を乗りこなすには、どんな方法があるのやら・・・

2008年5月28日 (水)

検査

今日2ケ月ぶりの検査に行って来た。
CTと採血だけだった。来週結果を
医師からきくことになっている。
結果は、来週お伝えすることとして。

久しぶりの病院だった。いろいろと思い出した。
退院してけっこうなる。
「退院」には二種類ある。必ず全員が「退院」
することになる。「退院」しない人はいない。
ひとつは、一階の玄関から出る退院。
もうひとつは、裏もしくは地下から黒い車の
荷台に乗って出る「退院」。
看護師たちは、必ず亡くなった方のことも
「退院」したと言う。「亡くなる」とか「死」と
いう言葉は、きっと「禁句」なのであろう。
病院は、いつもと同じ雰囲気で同じ匂いが
した。何も変わらない様子だった。
みな、玄関から「退院」して欲しいと願う
ばかりである。
できたら、玄関から入っていくのも避けたい
と願う・・・

2008年5月26日 (月)

白檀

暑くなりましたね(~_~;)
初夏ですね~
古い扇子を取り出しました。
すると香りがしなくなってました。
「白檀」の香りが・・
扇子といえば「白檀」です。
そこであれこれと香りを扇子に
つける方法を探しました。
なかなかなくて・・お香を買って
煙にまぶす方法を考えましたが・・
あれこれ探してみて見つけました。(^O^)/
100均にありました。「白檀」の香り
のアロマオイルです。
綿棒で扇子の木の部分に塗りつけます。
紙の部分だとシミになりそうで・・
成功しました。香りが復活!!
う~ん(^。^)なかなかです。
古い扇子をお持ちの方、お試しあれ!!

2008年5月24日 (土)

中型自動車免許

昨年6月までに普通免許取得しているみなさん
ご存知でしたでしょうか?みなさんの免許が「中型」
免許というのに変わっているのを。
「普通」-「中型」-「大型」という体系に変わっています。
8tの車まで運転できるのを。ただし、これは限定といって
実は11t29人乗りの車を運転できるのが「中型」です。
「普通」だった人は、限定8tまでの格上げになっています。
限定解除されると「中型」でマイクロバスが運転できるのです。
限定解除は5時間の教習で卒業検定が自動車学校で受けられ
ます。たったの5時間です。ただし、費用は10万円かかります。
さ~て、次は「マイクロバス」を目指そうかなあ(・へ・)

2008年5月22日 (木)

ガリガリ(ーー;)

体重が56Kg台になりました。
ガリガリゲソゲソ(ーー;)です。
食欲が湧かないですね~
夏が心配です。(~_~;)
どうしたら食欲で出るかなあ~
仕事に慣れるまで少しの間は
そんな感じですかね~
「空腹」ですけど・・食欲が・・
何も食べたくなくてですね~
食べられるものだけでも食べないと
いけませんね~(ーー;)

2008年5月21日 (水)

限定解除

二輪の大型免許をいただきましたあ(^O^)/
これで晴れて「ハーレー」に乗れます!(^^)!
全てストレートで取れました。
二週間かかりましたけど(~_~;)
やったあ~・・でもバイクを買う資金が・・・(ーー;)
遊んでいた身ですし~(ーー;)
プーしてましたから~(ーー;)
だれも喜んではくれませ~ん(ーー;)
自分だけで喜んでいます(~_~;)
でも、又働いて貯金してハーレーを
買います(・へ・)さ~てガンバルぞ~~\(^o^)/

2008年5月20日 (火)

初出社

え~初出勤してまいりましたあ~(^O^)/
まあ、いろいろと分からない事がた~くさんありますが~
まあ~なんとかなるでしょう~~(~_~;)
みなさんいい方ばかりです。小さな事務所です。
以前の大人数とはぜんぜん違います。
小さい方が性に合っているみたいです。
頑張りま~す(^O^)/
博多駅博多口の正面の通りにあるビルです。
朝のラッシュアワー電車はたいへんですね~(~_~;)

2008年5月19日 (月)

再始動 開始!

明日から「再始動」致します。
この歳になっての再就職は、けっこうこたえます(~_~;)
さまざまな人に心配を掛けながらの生活を送っています。
すみません(~_~;)
がんばります(^O^)/
また、応援してください。m(__)m
これからもどうぞよろしくお願いします。

2008年5月16日 (金)

リハビリ

リハビリと言っても「古傷」のリハビリのこと。
8年前のゴールデンウィークの初日のこと。
佐賀の武雄温泉で友人と午前8時に待ち合わせ
をして、呼子まで「イカ」を食べに行こうという企画
だった。
寝坊した私は、佐賀の三瀬峠を慌てて走っていた。
下りの緩やかな右カーブ。時速80Km。
連休で多数の後続車。片側一車線。ハンドルが
左右にゆれた。コントロール出来ずにガードレール
に接触・・又接触・・先に体がアスファルトに落ちた。
続けて左足の内側のくるぶしにバイクのガソリンタンク
が落ちてきた・・ガードレールの外側は高さ20mの
崖だった。危機一髪そこには落ちなかった。
気が付いたら横たわっていた。バイクも。連休で行楽
に来ていた車が徐行して脇を抜けて行った。
対向車にバスが見えた。ゆっくりと走行していた。
見ると小学生らしい団体だった。
子供たちが指を指して笑っていた。
車を停止して降りてきてくれた人が二人いた。
携帯で救急車を呼んでくれていた。
場所は、住所も分からない山道。せっかくの救急にも
説明できずにいる様子だった。ありがたかった。
幸いにもずっと意識はあった。上半身で痛むところはなかった。
左足に激痛が走る。ふとももから下がまったく動かなかった。
というよりも、動かせなかった。30分後ぐらいに救急車がきた。
佐賀市内に向かって走っていた。気になったのは放置した
バイクのことだった。盗まれはしないかとハラハラした。
それどころではないはずなのに。
搬送中に胸に入れていた自分の携帯が鳴った。
思わず救急隊員に尋ねた・・「電話とってもいいですかあ?」
すると隊員は、ニコっと笑って「どうぞ」と言ってくれた。
友人からだった。「篠栗街道さん、今日暇ですか?」とのんき
な電話だった。「いや~今おいら救急車の中なんだよね~
転んでさあ~運ばれてんの病院に~だから遊べないや~」
と言った。友人は信じてくれなかった。
とにかく後から電話すると言って切った。
その時に出来たキズが「古傷」。左足中指の骨折だった。
ひどい打撲と擦過傷(さっかしょう)だった。のちに皮膚は
一部壊死(えし)した。60日の入院。二度と走れないと医師
に言われた。確かに。
左足は、バイクの運転時にギアチェンジに必要なのだ。
リハビリがうまく行かないと運転できない。
今も苦しんでいる。思うように動かせないでいる。
自業自得である。

心残りは、あの時の救急隊員さんにお礼を言っていないこと
である。ありがとうございました。

この話には、前後のエピソードがいくつかある。気が向いたら
書くことにする。
やっと「古傷」の詳細な説明が出来た。最近鮮明に当時の記憶
がよみがえってきたものだから。

みなさん!!交通安全!!です。(^O^)
交通ルールを守り、予測して運転しましょう!!(^O^)

2008年5月15日 (木)

Bucket List.

「Bucket List 最高の人生の見つけ方」という映画がある。
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが主演の映画だ。
名のとおり人生の最期に見つけようとする、「最高の人生」。
ガンの告知・余命6ケ月の残された時間の中でふたりは
「バケツリスト」を書き出す。「やりたいこと一覧」。ひとつずつ
こなして行く、やり残したことを。しかし、最期に残るのは・・
後は、見てのお楽しみ。こまの中で出てくる「コピルアック」
という名のスマトラ産のコーヒー・・一度飲んでみたいと思った。
私のバケツリストに記載しとこう(~o~)
是非、みなさん見てください。

2008年5月12日 (月)

まだまだプ~

え~相変わらずにまだまだプ~しています。
そろそろ稼動開始しないと世間に追いつけなく
なってしまいそうです。
と言いながら昨日と今日で110Kmほどバイク
で走行してきました。
やっぱり体力が落ちています。(~_~;)
筋力も(~_~;)初夏を感じながら山や谷や都会
を走行してみました。
実は、高速で走行するよりも止まりそうなくらい
の低速で運転する方が楽しいことに気づきました。
高速走行時のバイクコントロールはとても簡単です。
ただ、ハンドルを握っていれば済みますが、低速は
違います。手足を使って駆使しないといけません。
そちらの方が、楽しいのです。意外でしたね~。
低速の方が、危険も少なくてすみます。
の~んびりと行きたいと思っています。
仕事も生活もオートバイも(~o~)

2008年5月10日 (土)

古傷とニーグリップ

「寒い日」になりましたね~。今日の気温はやたらと低いです。
鼻がズルズルとなっています。雨が降ると更に気温が低くなります。
寒いと左足の古傷がず~んとします。今日「整骨院」に行ってリハビリみたいな
ことをやってきました。足首の曲がり方が悪く長年苦しんでいるためです。
オートバイに乗ると必ずひざをタンクに押し当てる「ニーグリップ」の姿勢が
要求されます。このニーグリップができないと思うようにバイクをコントロール
できないのです。すると足首に負担がかかります。足首を曲げないと体勢
が作れないのです。ところが私の場合は、足首が曲がらずにニーグリップ
できないため、うまくバイクのコントロールができないのです。
そこでリハビリを再度行うことにしました。足首がうまく曲がるように。
バイク技術よりもそんなことに時間をかけなければならないとは・・(~_~;)
しかたありません・・さてと・・(・へ・)

2008年5月 8日 (木)

自信

「自信」を取り戻す為に何が必要なのでしょうか。
おそらく何も必要ではなく、覚悟することからでしょう。
失うものが何もなければ、「不安」は必要ありません。
何かを「得たい」と思うから、「失敗」を恐れる。
大切なのは、「得よう」ではなく、「無心」なのです。
何も失わないのですから、「得られなくても」よいのです。
すると・・きっと・・「不安」が無くなり・・「自信」に近づく。
「幸せ」を失うことが無いのであれば、「自信」を持ちましょう。
当たって砕けろです。どーにかなるでしょう!!きっと(^O^)
些細なことで人は・・立ち止まることがある・・誰も呼び止めていないのに・・

2008年5月 7日 (水)

再始動

まだプ~してます。(ーー;)
世間のみなさんは、「再始動」したというのに・・・(ーー;)
でもとりあえず明日は、少しだけ「起動」しますから。
訳あって少し労働します(~_~;)半分だけですけど・・
みなさんが、働いているのに自分だけなんだか取り残された
みたいでなんとな~~く肩身が狭いです(ーー;)
でもまあ、しかたないっすね~一度男が決めたことですから(^O^)

とりあえずいろんな事に挑戦します。なんとかなるでしょう(・へ・)
まず、TASPO作らなきゃ・・なんのこっちゃ(・・?

続きを読む "再始動" »

2008年5月 3日 (土)

また ひとり

又、ひとり居なくなった。
入院していたときに知り合った青年である。
昨日「通夜」に行って来た。
21歳という若さである。若すぎる死だ。
あまりにも突然だった。朝方急変したらしい。
私のような年長者が生き残り複雑な気持ちに
なる。もちろん誰も責めはしないが。
21歳とはいうものの3年間の闘病生活だった
とのことだから18歳で高校を出てからずっと病院
にいたことになる。
まだ、人生のすいも甘いも知ることもなく逝った。
ご家族の心境を思うと胸に詰まるものがある。
このようなことがあると「命の尊さ」よりも「はかなさ」
を思い知る。最近いい気になっていた私への戒め
なのだろう。
ご冥福をお祈り致します。そしてありがとう。
入院中、こんなオヤジの相手をしてくれて。
さようなら。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

無料ブログはココログ