フォト

My V-max

  • V-max ダミーダクト
    人様にお見せするようなほどのものではないのですが、私のV-maxを公開させていただきます。お暇な時にご覧ください。 2002年式カナダ仕様

ツー仲間たちのカスタム

  • 20150823_008
    日頃一緒に走っている仲間たちのカスタムしたマシンです。

The LED.

  • Photo_40
    さきざまなV-maxのLEDの画像を全体の画像から まとめてお届けします。

Everyone's VMAX(投稿)

  • 広島県 MさんのV-max
    みなさま、いつもありがとうございます。 ご投稿いただいた画像を掲載させていただいております。 たくさんの方に見ていただいて、カスタムの参考にしていただければ よいかと思います。

篠栗街道ギャラリー

  • 0073
    過去、ご投稿いただいた方の画像を「絵画風」にアレンジ したものです。 画像をいただいた中から、全体が撮れているものを加工 させていただきました。 ダウンロードして、壁紙などにご利用ください。

Everyone's BIKES

  • 宮城県 K様 FJ1200
    V-max以外のバイクの投稿が入るようになりましたので 別アルバムとしてご紹介させていただきます。

    バイクブログへ
    V-maxのLED化に挑む!!サイトです。<=参考になった!!と思った方は、ポチッとお願いします!!

V-max年鑑 歴代のV-maxたち

篠栗街道のドーベルマン

  • 篠栗街道のドーベルマン 散歩の途中
    とてもおとなしく、かしこい11歳のオスのドーベルマンです。 そろそろよいお歳です。 夏にも冬にも弱いんです。寂しがりやで甘えん坊です。 よく走り、よく食べます。 怒ることはありません。ほとんど吼えもしません。 いたって従順で素直な性格です。とても飼い易い犬です。

« 回想録 副作用の続き | トップページ | タダで本が観れる! »

2007年1月28日 (日)

日当たり

001209111501 「林」の中に居ては、「日当たり」が悪い。

こちらから「日」は見えても、「日当たり」は悪い。

ここを出ないと「明るく」はならない。

日が当たっている様に見えて、実は「日当たり」は

よくなかったりするのだ。

自ら「林」を出ないと、「日」の方から入ってきてはくれない。

大阪市立貝塚養護学校の閉鎖について

またひとつ学校が減ろうとしている。しかし、今度はいささか事情が異なる。

子供を守る!!大人として当然のことである。大人が子供に環境を提供するのは当たり前
のことなのである。大人が用意した環境下でしか子供は、成長できないのだ。子供に環境を準備させるのは不可能なのだ。ひとりでも多くの子供の成長の為に!!我々大人は何ができるのだろう。今、またひとつ学校が閉鎖されようとしている。こんなことで、子供たちの未来は守っていけるのだろうか??
http://kaiduka.sakura.ne.jp/

http://ocen.sub.jp/kaizuka/

http://hawk2700.cocolog-nifty.com/later/2006/11/post_d78d.html

http://www.google.co.jp/hws/search?hl=ja&q=%E5%A4%A7%E9%98%AA+%E8%B2%9D%E5%A1%9A+%E9%A4%8A%E8%AD%B7&client=fenrir&adsafe=off&safe=off&lr=lang_ja

« 回想録 副作用の続き | トップページ | タダで本が観れる! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おさやんさん
ご意見ありがとうございます。
当事者でしか知りえないことというのは当然たくさんあります。大切なことは、互いに見つめあうことであり、理解する努力をすることだと思っています。たとえそれが理解できなくてもよいのです。私の言ったことは一部のこととご理解ください。ほとんどの方が良き理解者だと思って感謝しています。ひとりでは、生きていけないのです。なんか宗教じみてきましたが。私は、弱い人間です。ゆえに強くなろうと思っています。時として強気の発言をしてしまいがちです。本当は、弱音をはきたいのですが。周りり人に心配や不安を持たせないよう努めています。それがゆえの愚痴と聞き流してください。いろいろとありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

自分がいくら言っても説得力ないのですが、やはり、辛い、苦しい時に学ぶこと、気がつくことってたくさんあると思います。

きっと篠栗さんがこの苦境を乗り越えたら、一回り、いやいや二回り人間が大きくなっていると思います。
中州でモテモテ間違いなしですよ(笑)

当方のおじがやはり「ガン」でかなりやばそうな状況です。本人もそのことは告知もされているのでわかっています。正月に帰宅していたので、挨拶がてらいったのですが、正直、哀れむといのではないのですが、どう接していいかわかりませんでした。「がんばって」というのも変だし....なんと声をかければいいのか....そういった態度が哀れんでいるようにとられるかもしれません。でも、決して自分は哀れんでいるわけではないんです。その点は篠栗さんもわかってくださいね。

「星の砂」さん
「失ったもの」はありません。「辛い事」は、長期計画を立てられないこと。「得たもの」があります。「見守る」ということの大切さを実感したこと。「他人」に理解してもらおうなんて虫のいい事は考えていませんし、そこまで弱く有りません。ただ、哀れんで欲しく無いだけです。「哀れみ」は、誰も勇気付けないのです。最も人が人を勇気付けるのは、「理解」であり「尊重」であり、「見守る」事だと思います。「得たもの」も多いような気がします。私は、幸せな人間だとも思っています。そして、まだ生きています。まだまだ、ジタバタしながら生きていきます。ジタバタ生きる事は、カッコ悪い事ではないということにも気づきました。それも「得たもの」のひとつでしょうか?
先日の私のカキコの一部が投げやりだったからですかねー(~_~)
うーーん、浮き沈みは確かにあります。
気分や体調によっては。ご勘弁ください。

本日30日夕方より一度自宅に戻ります。
木曜日の夕方戻ります。金曜日から投薬再開です。

失ったことや辛いこと、健常な人間からすると想像出来ないくらい沢山あるし、その苦しみは、とうてい理解は出来ないと思います。では、逆に・・・このような状況になったが故に、知り得た事ってありますか?あるとしたら、どんな事ですか?

子供を守る!!
大人として当然のことである。
大人が子供に環境を提供するのは当たり前
のことなのである。大人が用意した環境下
でしか子供は、成長できないのだ。子供に
環境を準備させるのは不可能なのだ。
ひとりでも多くの子供の成長の為に!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日当たり:

« 回想録 副作用の続き | トップページ | タダで本が観れる! »

無料ブログはココログ